図書室

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

図書室

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月22日 11時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103507222
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

定職も貯金もある。一人暮らしだけど不満はない。思い出されるのは、小学生の頃に通った、あの古い公民館の小さな図書室のこと―ひとりの女性の追憶を描いた中篇と自伝エッセイを収録。

著者等紹介

岸政彦[キシマサヒコ]
1967年生まれ。社会学者。著書に『断片的なものの社会学』(紀伊國屋じんぶん大賞2016受賞)『ビニール傘』(第156回芥川賞候補、第30回三島賞候補)など。『図書室』収録の「図書室」が第32回三島賞候補となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

旅するランナー

228
雑誌ダ・ヴィンチのプラチナ本 OF THE YEAR 2019。公民館の図書室で友達になった小学生男女が地球の滅亡話で勝手に盛り上がる微笑ましい表題作と他1編。大阪の文化・特質・風土、猫への溺愛ぶり、読書により形成されるもの...学術的分析と憧憬が合わさって、そこはかとないセンチメンタリズムが漂います。きっと読者は、子供の頃や学生の時の思い出の場所を訪ねたくなるでしょう。そして、年配の大阪人は懐しさに絡め取られることでしょう。大阪やな。うん、大阪や。2020/02/09

寂しがり屋の狼さん

192
表題が気になり手に取った本📚️学校ではなく、公民館の図書室で出会った男の子との思い出👦👧長い人生の中では、ほんの一瞬の些細な出来事…ふと、何気に思い出して懐かしく切なく感じる思い出🐾そこには確かに自分の足跡が残されてる🐺2019/12/28

ケンイチミズバ

188
幼い頃妄想した人類滅亡は起こらなかった想い出。生まれた時から父親はおらず15歳で母を失った時も淡白でいた。最悪は起こらなかったということがここにはある。それは何というささやかな幸せなことだったことか。家庭の事情で友達とかかわるよりひっそり公民館で読書に夢中になる二人の出会。星の図鑑で太陽の寿命を知り、人類滅亡ごっこをしたあの小屋がまだあった。何となく付き合い別れた男も優しさしかった。今、40歳で独りに。待ち望んでいた捨て猫を見つけ、またささやかな幸せに喜びを感じる。公団の窓から外を眺めるシーンが好きだな。2019/09/17

モルク

169
表題作は10年暮らしたパートナーと別れ一人暮らしをする美穂。思い出すのは中学の時に亡くなった大好きな母と猫たちとの生活。おでんかカレーという食事と、ひとつの布団で皆と寝ていたこと、猫のお腹に顔を埋めたときの恍惚感。そして小学生の時に公民館の図書館で出会った少年。世界の終わりを語り合い、二人だけで生き残った時を考え缶詰めを買い河川敷の小屋での小さな冒険。懐かしさがこみ上げる。子供の頃の図書館の心地よさが、岸さんの文章と共に甦る。決して派手ではないが、心にしみてくる作品。2020/09/16

nico🐬波待ち中

141
独り暮らしの50歳の美穂は日々を平穏に暮らしている。そんな美穂がふと思い出すのは11歳の頃の事。公民館の小さな図書室で出逢った少年との淡い記憶は、今となっては曖昧なもの。けれど今もはっきり思い出すのは二人が共に体感した"地球の終わり"。二人きりで真剣に語り、不安になり泣いたあの夜の事は、心の奥で今なお生きている。あの一瞬の激情があるから今がある。今振り返ると、ほんまあほみたいやけど、あの時二人で相談して決めた娘の名前は、40年経った今でも忘れない。美穂の終始淡々とした語り口が、余計に切なく心に刺さった。2020/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13893660
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。