介護殺人―追いつめられた家族の告白

個数:
電子版価格 ¥1,123
  • 電書あり

介護殺人―追いつめられた家族の告白

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年02月18日 13時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103505112
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0095

内容説明

なぜ、彼らは最愛の人に手をかけたのか?―家族の絆が悲劇に変わる「魔の瞬間」は避けられなかったのか。当事者取材で明らかになる、在宅介護の壮絶な現実と限界。

目次

第1章 告白
第2章 先が見えない不安
第3章 残った者の日々
第4章 事件は防げたのか
第5章 苦悩と絆
第6章 介護家族の現実―支援の限界と急がれる見直し

出版社内容情報

なぜ彼らは最愛の肉親に手をかけたのか?その時、彼らの何が壊れたのか──当事者取材が明らかにする、在宅介護の壮絶な現実と限界。なぜ彼らは最愛の肉親に手をかけたのか? その時、彼らの何がれたのか? 夫婦・親子だから当然と始めた家庭での介護がやがて困難を極め、長期化する――そして今、全国で後を絶たない介護苦による殺人事件。家族の絆が悲劇に変わる「魔の瞬間」は避けられなかったのか? 「加害者」となってしまった家族本人の生の声を聞き、間近にいた関係者への取材も重ねて明らかになった、在宅介護の壮絶な現実と限界。

毎日新聞大阪社会部取材班[マイニチシンブンオオサカシャカイブシュザイハン]