老舗の流儀―虎屋とエルメス

個数:
電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

老舗の流儀―虎屋とエルメス

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年10月24日 12時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103504511
  • NDC分類 588.36
  • Cコード C0095

内容説明

虎屋500年。エルメス180年。過去の挑戦の連続に現在はある。黒川光博(虎屋十七代)。齋藤峰明(エルメス本社前副社長)。会社が長く続く理由とは?当事者たちが語り、案内する、最先端を走り続ける企業の舞台裏。

目次

1 虎屋とエルメスの共通点とは(従業員は「ファミリー」の一員;流行に惑わされない ほか)
2 「会社」「働く」を突き詰める(会社とは何かを突き詰める;「無視する」技術 ほか)
3 カフェとミュージアムが教えてくれること(エルメス・ミュージアム;「虎屋文庫」という存在 ほか)
4 東京を離れて、ものづくりを考える(作る人と使う人の距離;ものづくりの原点 ほか)
5 長く続いてきた理由、老舗談議(嫌なものは身に付けない;作っている人の話を聞いておく ほか)

著者等紹介

黒川光博[クロカワミツヒロ]
「虎屋」代表取締役社長。1943年、東京都生まれ。虎屋十七代。学習院大学法学部を卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)勤務を経て1969年、虎屋に入社した。1991年より同社代表取締役社長に。全国和菓子協会会長、全日本菓子協会副会長、一般社団法人日本専門店協会会長等を務めた

齋藤峰明[サイトウミネアキ]
「エルメス」フランス本社前副社長。1952年、静岡県生まれ。高校卒業後渡仏し、パリ第一(ソルボンヌ)大学芸術学部へ。在学中から三越トラベルで働き始め、後に(株)三越のパリ駐在所長に。40歳でエルメス・インターナショナル(パリの本社)に入社、エルメスジャポン社長に就任。08年よりフランス本社副社長を務め、2015年8月に退社。シーナリーインターナショナルを設立、代表に就任。フランス共和国国家功労勲章シュヴァリエ叙勲(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

虎屋500年、エルメス180年。会社が長く続く真の理由とは何なのか? 当事者たちが語り、案内する、老舗企業の秘密の舞台裏!虎屋500年、エルメス180年――過去の挑戦の連続に、現在はある。「エルメスのライバルを強いて挙げるならば虎屋」。この言葉から始まった、虎屋17代目とエルメス本社前副社長の対話。会社が長く続く理由とは? 働くことの意義とは? パリ本店「エルメス・ミュージアム」や和菓子を研究し紹介する「虎屋文庫」、それぞれの工房まで。当事者が案内する、最先端を走り続ける企業の舞台裏。

黒川 光博[クロカワ ミツヒロ]

齋藤 峰明[サイトウ ミネアキ]