ロケット・ササキ―ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103500711
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

「ロケット」と称された爆発的な着想力が、電子立国日本の未来を切り拓いた。ジョブズが憧れ、孫正義を見出した男の突き抜けた人生。この男なくしてシャープの興隆はなく、この男をなくしてシャープは墜落した。「ロケット」と称された爆発的な着想
力が、電子立国日本の未来を切り拓いた。トランジスタからLSI、そしてMPUへ――シャープの技術トップとして半導体の開発競争を仕掛け続け、日本を世界のエレクトロニクス産業の先頭へ導いた男。インテル創業者が頼り、ジョブズが憧れ、孫正義を見出した佐々木正の突き抜けた人生。

大西 康之[オオニシ ヤスユキ]

内容説明

デジタル産業の黎明期、世界の最先端を突っ走った「型破りな日本人」がいた。トランジスタからLSI、そしてMPUへ―シャープの技術トップとして命を削り合う半導体開発競争を仕掛け続け、日本を世界のエレクトロニクス産業の先頭へと導いた佐々木正。インテル創業者が頼り、ジョブズが憧れ、孫正義を見出した男の痛快無比な人生。

目次

プロローグ 孫正義の「大恩人」、スティーブ・ジョブズの「師」
第1章 台湾というコスモポリス
第2章 「殺人電波」を開発せよ
第3章 アメリカで学んだ「共創」
第4章 早川電機への転身
第5章 「ロケット・ササキ」の誕生
第6章 電卓戦争と電子立国への道
第7章 未来を創った男
エピローグ 独占に一利なし

著者等紹介

大西康之[オオニシヤスユキ]
ジャーナリスト。1965年生まれ。88年早稲田大学法学部卒業、日本経済新聞社入社。産業部記者、欧州総局(ロンドン駐在)、編集委員、「日経ビジネス」編集委員などを経て、2016年に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

340
今は傾いているシャープがやはり大企業になるにはそれなりの訳があるんだな。シャープは佐々木正って人がいて大きくなったんだなと知った。読んでみて思ったのが最初のスティーブジョブズ、孫正義、西和彦がそれぞれに関わりを持っていた所が壮観で驚き感動した。佐々木正からITが発展して行ったことを思うと、昔の日本人てスケールでかいなぁ。佐々木正が京大時代にうちの祖父も同時代に活動していたと思うとより身近に感じられる。2016/07/28

Kawai Hideki

108
シャープの元副社長でポケット電卓に必要なキーテクノロジーを次々と開発した「電子工学の父」佐々木正さんを追うドキュメンタリー。テクノロジ系の本なのに、幕末の石見浜田藩の話や、植民地時代の台湾の話、太平洋戦争中の殺人電波開発の話が出てきたりと、歴史の話としても面白い。誰もが不可能と思っていたMPUや液晶パネルの量産化を成功させ、電卓の小型化に先鞭をつけた。若き日の江崎玲於奈、孫正義、西和彦、スティーブ・ジョブズらに多大な影響とチャンスを与えた。まるで神話か伝説を読んでいるような気分になる、すごい本だった。2017/01/20

W-G

92
すごい人がいるものだと関心してしまう。面白かった。資本に頼らない日本の中小起業の創意工夫・技術力の素晴らしさと、アメリカの技術者の一見傲慢ともとれるプライド意識の高い仕事への取り組み方。対比のように見えて、どちらが正解という訳ではない。そこで『共創』という言葉が活きて浮かび上がってくる。今の私くらいの年齢の時にササキ氏は戦後の動乱を生きていた事になりますが、この時期に企業の最先端で働いていた日本人は本当に輝いている。2016/07/04

おかむら

35
かっこいいぞ、エンジニア人生! 電卓でカシオと競争してた時代がとてもワクワク! 高度成長期を牽引した技術者の話はいいわー。シャープという会社の歴史も学べます。面白かった。カシオの方も樫尾4兄弟ってのが出てきて楽しそうだなー。カシオ本あるのかなー。2016/11/15

チェアー

34
シャープ伝説のエンジニア・佐々木正さんの評伝。競争と共創を掲げ、「分からないことは教えてもらう」「聞かれれば教える」を実践してきた姿は、成長期の日本経済の最も良い側面を体現した存在だった。シャープ没落の原因を、液晶を独占しようとする姿勢にあったと喝破するのはさすが。ただ、市場全体の成長が見込めない時代でも通用するのかは不明。何にせよ、わかりやすい評伝は一読の価値あり。よく知るエピソードから、まったく知らなかった話までよく取材しまとめている。業界のスター経営者たちが次々と登場するのも見もの。2016/08/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10934885

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。