じゃじゃ馬にさせといて

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

じゃじゃ馬にさせといて

  • 松田 青子【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 新潮社(2019/06発売)
  • ブラックフライデー ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年11月29日 11時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 167p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103500124
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

時代を切り拓く表現者たちが、世界にかけられた「呪い」を解いてくれる―「新しい女」がつくる作品に育まれた、注目の作家の日常とは?偏愛するドラマから、セレブの炎上事件が象徴するアメリカの今、ウィメンズ・マーチに参加して思うこと、カンヌ映画祭での奇跡のような出会いまで、数年分の足跡を綴った、カルチャー情報満載のとっておきエッセイ。「ELLE JAPON」の人気連載を書籍化。

目次

それは誰の「幸福」なのか1
「生理くらいで身構えすぎ」
「え、バター温めてくれたの?」
キラキラしない日常を生きる
こ、これがガールパワーってやつか!
人生が変わった『白鳥の湖』
愛は愛、人は人
生き残る女の子は進化する
私の90年代を肯定してくれてありがとう
合言葉は「Good boy!」、じゃなくて「Good girl!」〔ほか〕

著者等紹介

松田青子[マツダアオコ]
1979年兵庫県生まれ。作家、翻訳家。同志社大学文学部英文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件