仏教思想のゼロポイント―「悟り」とは何か

個数:
電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

仏教思想のゼロポイント―「悟り」とは何か

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月26日 22時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103391715
  • NDC分類 181
  • Cコード C0015

出版社内容情報

日本仏教はなぜ「悟れない」のか――。仏教の始点にして最大の難問である「解脱・涅槃」の謎を解明し、日本人の仏教観を書き換える。

日本仏教はなぜ「悟れない」のか――? ブッダの直弟子たちは次々と「悟り」に到達したのに、どうして現代日本の仏教徒は真剣に修行しても「悟れない」のか。そもそも、ブッダの言う「解脱・涅槃」とは何か。なぜブッダは「悟った」後もこの世で生き続けたのか。仏教の始点にして最大の難問である「悟り」の謎を解明し、日本人の仏教観を書き換える決定的論考。

内容説明

日本仏教はなぜ「悟れない」のか―。大型新人による決定的な“解脱・涅槃”論!

目次

第1章 絶対にごまかしてはいけないこと―仏教の「方向」
第2章 仏教の基本構造―縁起と四諦
第3章 「脱善悪」の倫理―仏教における善と悪
第4章 「ある」とも「ない」とも言わないままに―「無我」と輪廻
第5章 「世界」の終わり―現法涅槃とそこへの道
第6章 仏教思想のゼロポイント―解脱・涅槃とは何か
第7章 智慧と慈悲―なぜ死ななかったのか
第8章 「本来性」と「現実性」の狭間で―その後の話

著者等紹介

魚川祐司[ウオカワユウジ]
仏教研究者。1979年、千葉県生まれ。東京大学文学部思想文化学科卒業(西洋哲学専攻)、同大学院人文社会系研究科博士課程満期退学(インド哲学・仏教学専攻)。2009年末よりミャンマーに渡航し、テーラワーダ仏教の教理と実践を学びつつ、仏教・価値・自由等をテーマとした研究を進めている。『仏教思想のゼロポイント―「悟り」とは何か』が初の著作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chantal(シャンタール)

87
「ブッダの教えとは人間として正しく生きる道を説いたものなのか?」と著者は良く言われる仏教の解説に疑義を示す。では仏教とは何なのか?つまり仏教の「ゼロポイント」を探り、解説するのがこの本である。簡単に言えば、ブッダが解脱し涅槃に入ることを目的とした事が始まりなわけだが、そのプロセスに色々あったわけで。超個人的な解釈で暴論を言えば、仏教とは正に中道であり、イエスともノーとも言わない境地。そして解脱を得た「覚者」がそれを黙っていようが教えたい人にだけ教えようが、自由であったから宗派が沢山あるという説も面白い。2019/08/03

booklight

53
非常に面白い。仏教の根本って何?を大乗仏教ではなく上座部仏教から解説。そもそも仏教は悟りを目指すもので、現代人の人格の完成を目指す宗教ではない(笑)。仏教の基本は縁起と四諦。世界に主体はなくすべて関係性でできており、生きていくことは苦である。その苦から逃れるには、その事実を理解し、善悪・煩悩から離れた世界の見方を体得すること。これが涅槃。涅槃自体は、言語を超えた現象なので説明はできない。悟り以外の布教などは「遊び」!という、ブッダのラディカルさとそれ以外(民の救済も)は尾ひれという事実にびっくりも納得。2020/01/18

harass

48
すでに日本人には手垢のついた宗教であり思想でもあった仏教の、根幹部分を語る。明快極まりない語り口でブッダの語った涅槃や悟りとは何のことなのかを解説する。現代思想を読むような刺激的でスリリングな知的興奮を得られた。早く文庫化を求める。『現代風にわかりやすく表現すれば、ようするにゴーダマ・ブッダは、修行者たちに対して「異性とは目も合わせないニートになれ」と求めているわけで、そういうあり方のことを「人間として正しく生きる道」であると考える現代日本人は、控えめに言っても、さほど多くはないだろうということである』2015/11/23

zirou1984

45
これは面白い。世界三大宗教と言われながらその教義は幅広く、親しみやすいようで捉えどころのない仏教についてその起源から考える入門書。著者は仏教の本質を「その教えの説者が、「物語の世界」の外部の視野を、自ら有している」ことと定義し、悟りとはそうした苦痛や快楽の原因となる物語の世界―対称にイメージを付与してしまうものの見方―から解き放たれることと説明しているのはわかりやすい。他にも輪廻というものがいま・この瞬間にも生起し続けている話など、用語を丁寧に噛み砕きながら興味深い内容を教えてくれている。2015/08/22

デビっちん

33
今まで解脱したら、この世から消えてなくなってしまうと思っていました(苦笑)そういう程度ですので、なんとなく今までふわふわしていた解脱、涅槃という言葉の意味がわかった気がします。無為の涅槃の覚知、その特異点での神秘的な体験を求める人が絶えなかったから仏教は2500年も続いていたんですね。2018/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9672665

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。