「本屋」は死なない

電子版価格 ¥1,496
  • 電書あり

「本屋」は死なない

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103313519
  • NDC分類 024.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

出版流通の現況に抗うように「意思ある本屋」であり続けようとする書店員・書店主たち。彼らの姿を追い、“本を手渡す職業”の未来を探る異色のルポ。

内容説明

東京の商店街でわずか五坪の本屋「ひぐらし文庫」をはじめた原田真弓。「電子書籍元年」を迎えて「紙の本」の優位性を述べる論客、ジュンク堂書店の福嶋聡。和歌山の「人口百人の村」でイハラ・ハートショップを営む井原万見子。岩手・さわや書店の元「カリスマ」伊藤清彦と、その“弟子”田口幹人、松本大介。“普通の本屋”を追求し実践する鳥取・定有堂書店の奈良敏行。名古屋の「大きな壁」、ちくさ正文館の古田一晴…。街から書店が次々と消え、本を売るという役割が小さくなりつつあるなかで、彼らのような「本屋」が「本屋」でありつづけるべき意味とは―?“あきらめの悪い”「本屋」たちを追う。

目次

序章 彼女を駆り立てたものは何か?
第1章 抗う女―原田真弓がはじめた「ひぐらし文庫」
第2章 論じる男―ジュンク堂書店・福嶋聡と「電子書籍元年」
第3章 読む女―イハラ・ハートショップ、井原万見子を支えるもの
第4章 外れた男―元さわや書店・伊藤清彦の隠遁
第5章 星となる男―元書店員・伊藤清彦の「これから」
第6章 与える男―定有堂書店・奈良敏行と『贈与論』
第7章 さまよう男―“顔の見えない書店”をめぐる
第8章 問題の男―ちくさ正文館・古田一晴の高み
終章 彼女が手渡そうとしているものは何か?

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

川越読書旅団

53
書店が劇的に消滅してゆく昨今、独自の方法でそんな現象に抗う元カリスマ書店員達の今をルポする内容。本屋、やっぱり死んでしまうの、、、だろうな、、、。2016/09/29

佐久間なす

40
それぞれの場所で頑張る書店員と本屋の物語です。 読みながら私は本屋に思い入れがないことに気づき、自分の欲しい本がちゃんと売っていればどんな本屋でもいいという考え方だったことがわかりました。 私は本屋ではなく本そのものが好きなんだなと改めて思いました。2012/08/21

James Hayashi

32
ジャーナリスト、11年著。本離れや電子書籍の出現で危ぶまれる日本の本屋。その中で生き残りをかける異色の本屋をルポしたもの。「本屋は死なない」というより、淘汰されない「死なない本屋」の方が正しいタイトルでは?いや「模索する本屋」だ。回答がないわけでない。それは街により異なり、置く本が異なり、本以外のサービスを売る必要があるのかもしれない。頭脳と知恵を使い生き残って欲しい。2020/03/09

しろ

13
☆6 書店はただ本を売るところではないが、それ以上のところでもない。業界全体のことを考えたらピンキリの書店が必要なんだろう。業界のことを考えるというよりは、都合を良くするためにはなのだが。出版社も取次も書店も、旧式のルールに縛られてジリ貧になっているのであろうが、ダメージを最初にこうむるのは読者にいちばん近い書店。名物書店員を中心としたインタビュールポだが、書店の地力とか地味な部分がピックアップされている良書だった。2013/03/20

ののまる

12
アジア圏で翻訳されて、小さな本屋を起業する若者のバイブルになっているということで、読んでみた。こんなに「本屋の意義」を考え抜こうとする人たちがいるのだから、街の本屋は生き残る、、、生き残ってほしい。2019/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4341750

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。