憂国始末

個数:
電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

憂国始末

  • 藤野 眞功【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 新潮社(2012/10発売)
  • ゴールデンウィークポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103290827
  • NDC分類 913.6

内容説明

もはや武道はスポーツに堕したのか―大手空手団体の世襲騒動は、後継者兄弟に決断を迫っていた。アメリカ人を妻に持つ兄。テレビでスポットライトを浴びるプロ格闘家の弟。事態を突き動かしたのは、一人のテロリストだった。平成を覆う合理主義とナショナリズムを両断する刃。三代百年の血脈を見よ。

出版社内容情報

日本精神の最後の証とは何か。空手・至一流の改革論議の不毛を破ったテロリズム。この始末には割腹あるのみ――。才気煌く武道小説。

誰ひとり腹を切ろうとしない時代に降臨した才気! 平成日本を問う武道小説。スポーツとして発展させれば良いのか、それともあくまで武道なのか──空手・至一流の改革論議のさなかを襲った一報は、一同を混乱に陥れるに十分だった。身内からテロリストが出るとは──。壮大な疑問符に答えを出すべく、創始者一族の若者が白装束で姿を現した。伝統とは何か、継承とは何か。右翼も沈黙する長篇小説。