動物がお医者さん―なぜペットはヒトを幸せにするのか

電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり

動物がお医者さん―なぜペットはヒトを幸せにするのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103288718
  • NDC分類 645.6
  • Cコード C0095

内容説明

自由でいたいけど孤独は寂しい。プライドや思い込みから陥る自縄自縛。心の矛盾を抱え知らぬ間に息苦しくなってしまった現代人は、ただ傍にいるだけで安らげる存在を求めている―ペットたち(犬・猫・金魚・馬)が教えてくれたのは、ヒトが幸せになれるための、たくさんのヒントだった。

目次

1 動物と家族になれるヒトの不思議
2 賃貸生活者のペット事情
3 “育てる”とは命をあずかること
4 ヒトより優れた犬の社交性
5 ヒトはコトバしか分からない!
6 動物たちはしつけ上手
7 課題達成こそ、人生の喜び
8 虐待とは愛を裏切ること
9 ヒトも動物も“トラウマ”は乗り越えられる
10 動物は僕の先生
ただ、傍にいるという幸福―あとがきにかえて

著者等紹介

大平健[オオヒラケン]
1949年生まれ。精神科医。幼少期をピッツバーグで過ごした帰国子女のはしり。東大医学部卒業後、しばらくしてペルーに一年滞在し貧民街で診療、帰国後は聖路加病院に勤務。現在、精神科の部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。