高峰秀子との仕事〈2〉忘れられないインタビュー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103222330
  • NDC分類 778.21
  • Cコード C0095

出版社内容情報

人生の後始末とは。生きることとは。ともに重ねた仕事を軸に、授けられた宝物を描く渾身作後編。高峰が成瀬巳喜男監督を語った記事など貴重記録も収載。

内容説明

二十年余、ともに紡いだ仕事を軸に、大女優から授けられた数々の“宝物”を描く力作後編。「人間の絆」の尊さが胸をうつ。高峰氏ロングインタビューなど貴重な記録も多数収載。

目次

矛盾する二つの思い
高峰さんが授けてくれたもの
一期一会
人生の後始末いよいよ本格化
人生の後始末そのダイナミズム
美しさの意味
迷惑な訪問者と高峰の真骨頂
大女優の魂の言葉
始末のいい女性
生きること

著者等紹介

斎藤明美[サイトウアケミ]
1956年、高知県生まれ。津田塾大学卒業。高校教師、テレビ構成作家を経て、「週刊文春」の記者を20年務める。2006年、フリーとなり、現在、「オール讀物」で「高峰秀子という映画史」を執筆。1999年、初の小説「青々と」で第十回日本海文学大賞奨励賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。