突然、妻が倒れたら

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103191216
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

妻、46歳、最重度のくも膜下出血。息子と二人、24時間介護の日々が始まった。ブラウン管から消えたキャスター、慟哭の手記。

目次

第1章 わが家を襲った「テロ」(発病;グレード5からの生還;再び襲った衝撃;ほっとする日と不安な日;再度の手術;次のステップへ)
第2章 「復活」にむかって(回復期病院への転院;未知なるリハビリの世界;一一歳の誕生日;歩くまでの道のり;仕事に復帰する決意;妻を迎える準備;妻の落ち込みと家族のへこみ;いよいよの帰宅)
第3章 久しぶりの「家族」(遠慮のない視線;頭の固い人たち;支えてくれる人たち)
終章 新たな試練

著者等紹介

松本方哉[マツモトマサヤ]
1956年生まれ、東京都出身。1980年にフジテレビに入社。報道局記者として官邸や防衛庁担当、ワシントン特派員などを経る。湾岸戦争、同時多発テロ、アフガン戦争、イラク戦争などで情報デスクを務める。2003年夏より「ニュースJAPAN」編集長を務め、同年秋にアンカーに。専門は日米関係、米国政治と米国外交、国際安全保障問題(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。