サラバンド・サラバンダ

電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

サラバンド・サラバンダ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103163329
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

心が諦めようとしても、身体が諦めない──。人生に倦み漂泊する男が、魂の黄昏時に見た情景とは? 円熟の筆で描く珠玉の小説集。

心が諦めようとしても、身体が諦めない。魂の黄昏時に男が見た情景とは――。差出人にも、故人の名前にも、まったく心当たりのない香典返しの小包が自分宛てに届いた。むろん通夜も葬儀も行っていない。いったい何故、何のために。記憶を整えると、遠い昔に別れた女の名前が蘇り……。老いの入り口に立った男の憂いと怒り、焦燥、絶望、狂気、そしてエロス。芥川賞作家が円熟の筆で描く珠玉の短篇小説集。

内容説明

人生に倦んだ男の憂いと怒り、焦燥、絶望、狂気、性。芥川賞作家が円熟の筆で描く珠玉の小説集。魂の黄昏時を描く10篇の短篇小説集。

著者等紹介

藤沢周[フジサワシュウ]
1959年、新潟県生まれ。法政大学文学部卒業。93年「ゾーンを左に曲がれ」で作家デビュー。98年「ブエノスアイレス午前零時」で第119回芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

352
タイトルに魅かれて購入。タイトルからは、南欧かラテンアメリカのどこかを舞台に、夜の闇の中に灯る明かりを背景にけだるく、物憂げな、それでいて情熱を秘めた物語を想像していた。そして結果は…というと全く違っていたのである。50歳を過ぎて、初老の域に入ろうとする男性の物語が10篇。いずれも主人公は男の一人称語りであるか、あるいは「男」と三人称で称されるかである。ただし、匿名性を用いることで読者との同化を図っているのではない。むしろそれは作家自身の客体化を定位させるためであったのかも知れない。 2019/10/20

南雲吾朗

62
哀退して行く生。人生の黄昏。黄昏といっても夕焼けが映える綺麗な情景ではなく曇天の暗い夕暮れ時。そんな思いを浮かばせる短篇。「厖大な明るい洞とも思える空は、物思うことをせせら笑うかのようで、言葉をひっかけようとしても、あっけらかんとしている。」「浸された角砂糖の様に今にも崩れそうな危うさを愛おしく思えるのも、中年。」こんな美しい表現でここまで退廃的で艶めかしいストーリーを綴る文才がまさに凄まじい。藤沢周は天才である。異彩を放つ文章とその構成。歳を追う毎に凄みが増してくる。いったいどこまで行ってしまうのか?!2019/11/05

Anemone

40
五十代半ばの人生をたゆたいながら生きる男たちの日常に忍び入る、密やかな死の気配や過ぎ去りし日々の幻視や幻聴。私小説のようであり幻想譚のようでもある。思秋期のやるせなさが漂う短編集。2016/11/28

Emperor

33
前10編。ページ数に斉一性があって、単純にビジュアルとバランスの良さに惚れ惚れしてしまいます。藤沢周さんの作品は、難しい言葉がおおくて辞書の出番が増えますが(調べてみたら仏教用語だったりする)、光明真言が出てきたときはもう最高すぎて笑うしかありませんでした。2017/11/07

なっく

14
中年男の悲哀かと思いきや、なかなかどうして、生にも性にも執着し、死への不安を抱えながらももがき続ける。いいじゃないか!まだまだやれるとこまでやってみよう、早く逝った友への弔いの気持ちもパワーに変えて。2016/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10796989

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。