サラバンド・サラバンダ

個数:
電子版価格 ¥1,382
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

サラバンド・サラバンダ

  • 藤沢 周【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 新潮社(2016/04発売)
  • 【ウェブストア限定】和書・和雑誌全点ポイント5倍キャンペーン(店舗受取サービスは対象外です)
  • ポイント 80pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103163329
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

人生に倦んだ男の憂いと怒り、焦燥、絶望、狂気、性。芥川賞作家が円熟の筆で描く珠玉の小説集。魂の黄昏時を描く10篇の短篇小説集。

著者紹介

藤沢周[フジサワシュウ]
1959年、新潟県生まれ。法政大学文学部卒業。93年「ゾーンを左に曲がれ」で作家デビュー。98年「ブエノスアイレス午前零時」で第119回芥川賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

心が諦めようとしても、身体が諦めない──。人生に倦み漂泊する男が、魂の黄昏時に見た情景とは? 円熟の筆で描く珠玉の小説集。

心が諦めようとしても、身体が諦めない。魂の黄昏時に男が見た情景とは――。差出人にも、故人の名前にも、まったく心当たりのない香典返しの小包が自分宛てに届いた。むろん通夜も葬儀も行っていない。いったい何故、何のために。記憶を整えると、遠い昔に別れた女の名前が蘇り……。老いの入り口に立った男の憂いと怒り、焦燥、絶望、狂気、そしてエロス。芥川賞作家が円熟の筆で描く珠玉の短篇小説集。