ローマ人の物語〈3〉勝者の混迷

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ローマ人の物語〈3〉勝者の混迷

  • 塩野 七生【著】
  • 価格 ¥2,530(本体¥2,300)
  • 新潮社(1994/08発売)
  • ウェブストア ポイント5倍キャンペーン(1回目)
  • ポイント 115pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月15日 08時37分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 263,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784103096122
  • NDC分類 232
  • Cコード C0322

内容説明

ハンニバルを倒し、帝国カルタゴを滅亡させ、一気に地中海の覇者となったローマ人。しかし大国への道のりの速さゆえに、ローマは内部から病み始める。権力が集中しすぎた元老院に対して改革を迫る若き護民官グラックスは同国人に殺され、続く改革者たちも、内なる敵に向き合わねばならない―ローマ人はいかにしてこの“混迷の世紀”を脱脚するか。

目次

第1章 グラックス兄弟の時代
第2章 マリウスとスッラの時代
第3章 ポンペイウスの時代

出版社内容情報

ハンニバルを倒し、カルタゴを滅亡させ、地中海の覇者となったローマ人。しかしローマに内乱の世紀が始まる。敵は自らの内にあり――書下ろし、いよいよ佳境に!