拙者は食えん!―サムライ洋食事始

電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

拙者は食えん!―サムライ洋食事始

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103057734
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0095

内容説明

幕末~明治初期、初めて「洋食」に出会ったサムライたちの苦闘と感動の日々!読み出したら止まらない面白歴史エッセイ。

目次

味の国粋主義者
初期日本人渡欧者の洋食体験―鎖国まで
開国前夜の西洋料理―ペリー主催の饗宴
太平洋を渡った一七〇名
ヨーロッパへ
遣仏使節団(池田使節団)
その後の使節団
各国派遣留学生
初期渡航者たちの味認識

著者紹介

熊田忠雄[クマダタダオ]
1948年、福島県生れ。早稲田大学商学部卒業後、1970年、(株)ニッポン放送入社。報道部記者、報道部長、総務局長、編成局長、取締役を経て、2005年退社。記者時代の取材および趣味で、世界数十カ国を回った(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「パンは気味悪く、牛はさらなり。空腹飢餓、いかなる事の報いか。涙にくれ、神仏に祈る外なかりけり」それでも我慢して洋食を食べた、我らがご先祖様!