新潮文庫<br> クイーンズ・ギャンビット

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

新潮文庫
クイーンズ・ギャンビット

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年03月05日 06時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 508p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102401712
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

孤児院で育った少女ベス。用務員にチェスを習い天賦の才を開花させた彼女は、やがてウィートリー夫人に引き取られ、各地の大会で強豪プレイヤーを相手に次々優勝、男性優位のチェス界で頭角を現す。孤児院で与えられた安定剤と、アルコールへの依存とも闘いながら、ベスはついにソ連の大会で最強の敵ボルゴフに挑む――。世界的な大ヒットドラマの原作となった、天才少女の孤高の挑戦を描く長編。

内容説明

孤児院で育った少女ベス。用務員にチェスを習い天賦の才を開花させた彼女は、やがてウィートリー夫人に引き取られ、各地の大会で強豪プレイヤーを相手に次々優勝、男性優位のチェス界で頭角を現す。孤児院で与えられた安定剤と、アルコールへの依存とも闘いながら、ベスはついにソ連の大会で最強の敵ボルゴフに挑む―。世界的な大ヒットドラマの原作となった、天才少女の孤高の挑戦を描く長編。

著者等紹介

テヴィス,ウォルター[テヴィス,ウォルター] [Tevis,Walter]
1928‐1984。アメリカ・サンフランシスコ生れ。ケンタッキーの高校に教師として勤める傍ら、ビリヤードがテーマの『ハスラー』やSF作品『地球に落ちてきた男』など、のちに映画化されることになる小説を発表。その後オハイオ大学で文芸を教えながら創作を続け、1978年に専業作家に

小澤身和子[オザワミワコ]
東京大学大学院人文社会系研究科修士号取得、博士課程満期修了。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン修士号取得。「クーリエ・ジャポン」の編集者を経て、取材コーディネーター、通訳、及び翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

131
Netflixで話題となったドラマの原作です。チェスを題材として天才女性プレイヤーの栄光、葛藤、苦悩、挫折と最強の敵との対峙という一筋縄ではいかぬストーリーに引き込まれました。チェスのルールがわからないという方でも楽しめると思います。私もチェスのルールや駒の動かした方は子供の頃に覚えたのですが、大人になってからは駒の動かし方はおぼろげでしたがページを捲る手が止まりませんでした。インテリアとしてチェスの盤と駒が欲しくなりました^^;2022/01/03

アン

116
1960年代アメリカ、孤児院で育てられた8歳の少女ベス。彼女は用務員からチェスを教わり、頭の中でチェスの駒の変化を思い描くようになり、類い稀な才能を開花させ…。依存症との葛藤、男性優位な世界での挑戦、居場所と勇気。Netflixのドラマではベスの鋭い目力と各地の大会で自信を得ていく様が洗練されていく衣装に反映され、駒の音、養母や友との触れ合いも印象的。小説では孤独なベスの恐怖や苛立ち、怒りや喜びなどの心情がより繊細に伝わり、チェスが分からなくても緊迫感溢れる対局にハラハラと。どちらもラストはとても素敵。 2021/10/30

アキ

101
1983年に書かれたチェス小説。2020年アニャ・テイラー=ジョイが主人公でNetflixでドラマ化された。ポーン・ナイト・ビショップ・ルーク・クイーン・キングの駒を操り、男性ばかりのチェス大会に10代の女性が挑み、最後はロシアの世界チャンピオン・ボルゴフに勝利するという1960年代冷戦当時のアメリカの小説らしい終わり方。「クイーンズ・ギャンビット」や「シシリアン・ディフェンス」など戦法の呼び名も粋ですね。全米チャンピオンを戦ったベニー・ワッツとの友情がいいです。「チェスはふたりが交わす唯一の言語だった」2021/12/19

南雲吾朗

67
Netflixのドラマを途中まで観て「めちゃくちゃ面白そうだ!」と感じて、原作を手に取った。チェスで勝ち続ける姿は美しい。天から授かったような凄い才能。しかしそれだからこそ凄くストレスのある生活なのだろうけど、本人はそれに気付かない。そんな状態は心も身体も蝕む。そこから立ち上がる主人公は正にアメリカの小説っぽい感じで…今回は、いい意味で好感が持てた。エリザベス・ハーモンを取り巻く人々はみんな善良な人たちだなぁと感じた。個人的には好きな感じの物語でした。2021/09/13

えーた

63
8歳で天涯孤独となった少女ベス・ハーモンは孤児院でひょんなことから用務員にチェスを教わり、次第にその天才的な才能を開花させてゆく。彼女がロシアのグランド・マスターを破るまでの挫折と栄光を描いた傑作チェス小説。帯にNetflixの大人気ドラマとあったので、てっきり最近の作品かと思っていたけれど刊行は1983年。チェス戦における手に汗握る詳細な心理描写もさることながら、大学で英文学を教えていたという著者の詩心あふれるお洒落な表現もこの作品の魅力であろう。ちょっとしたチェスのルールと用語の解説があるのも嬉しい。2021/10/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18131371
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。