新潮文庫<br> E.T.

新潮文庫
E.T.

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 297p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784102194010
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

瑪瑙(サードニックス)

43
通院の時しか読まないので漸く読了。映画のシーンを思い出しながら読みました。USJでもE.Tは私達家族にとってお気に入りのライドでした。息子が小さい頃は年間パスでほぼ月1回は行ってました。なので無くなってしまった時はがっかりしたものです。優しいE.Tと子供達とのやりとり。やっぱりステキです。夢があります。USJのE.T復活しないかなあ。でも今は夫が首を痛めてるから復活したとしても行けないのだけれども…。懐かしい。2017/02/01

青葉麒麟

7
まさかこんなに面白いとは思わなかった。映画より断然原作!!2011/10/21

るぅ姉

2
E.Tが地球に来たのは植物採取だったのか!!!それで!!それで映画でも花とシンクロしてたんか!!!E.T捕まえに来る科学者の描きかたは映画の方がソフト。あれはスピルバーグ自身なんだよな。。。こちらではもっと科学者科学者しています。嫌な奴っぽい。母の胸のうちが語られているのも面白かった。こちらのほうが現実的な考え方です。どっちも良いです。E.Tの思考等、映画の補完もできるのでおすすめ。2016/01/30

カポ

2
映画は見てないけど、感動する小説だった。メアリーが話の流れ的には必要のない人物だけど、この作品としても最重要人物といってもいいぐらいに心に残る人だ。ETが生き返った理由はわからない2011/03/18

Masayuki Nakanishi

1
(92ページ) 地球に独り取り残された宇宙人は子供たちに突つかれ、撫でまわせるにまかせた。2011/08/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/92029

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。