新潮文庫
ダーク・タワー〈6〉スザンナの歌〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 371p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784102193549
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

こここそが本物の世界、“暗黒の塔”へと到る唯一の現実だった!スザンナの安否に焦燥しながら、追跡行をジェイクとキャラハン神父に委ねたエディは、ローランドとともに1977年のメイン州に飛んだ。そこで彼らは、衝撃の人物と出会うことになる…。一方、スザンナ/マイアとの距離を縮め続けたジェイクらが陥った危機とは。完結目前の驚愕と絶望、ついにすべての謎がここに出揃う。

著者等紹介

キング,スティーヴン[キング,スティーヴン][King,Stephen]
1947年メイン州生れ。貧しい少年時代から恐怖小説を好む。高校教師、ボイラーマンといった職業のかたわら執筆を続け、’74年に『キャリー』でデビュー。好評を博し、以後『呪われた町』『デッド・ゾーン』など、次々とベストセラーを生み、“モダンホラーの帝王”と呼ばれる

風間賢二[カザマケンジ]
1953年東京生れ。武蔵大学人文学部卒業。『ホラー小説大全』で第51回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

126
いよいよスザンナが出産するということでさらなる謎が、ということと、いよいよ御大の作品などが出現して日記らしきものもあったりで、もう作者は楽しんでいるとしか思えない感じです。この決着はどのようにつけていくのか最後の第7部を早く読みたい気持ちでいっぱいです。2016/07/21

ぐうぐう

28
ついにスティーヴン・キングと対面を果たすローランド達。そこでローランドは、自分達がキングにより造られたキャラクターであることを確信する。ところが『ダーク・タワー』という物語は、とてつもなく広く深い。作者・キングを飲み込み、キングを重要な登場人物とすることで、虚実を一体とする。そして驚きの展開が待ち受ける。『ダーク・タワー』の中でキングは、1999年に死ぬのだ。しかし、その死因が散歩中にヴァンに轢かれたことによると知る時、虚実はさらに溶け合っていく。(つづく)2021/06/16

あっちゃん

23
どうなるんだぁ?という所で本編終了(笑)毎度の事ながら上手い!しかし、今回は作者さん登場人物としてガンガン出てるし、結構内輪ネタも言ってる!しかも死んでるし…(  ̄▽ ̄)2017/01/02

ご飯ライス@へんじがないただのしかばねのようだ

16
冒頭、日本人集団の扱いがひどすぎて笑う。ていうか、いつのステレオタイプだよ。「ロボットでもサイボーグでも好きなように呼べばいい」という文言も、ちょっとキング先生大丈夫か、と思う。サイボーグもロボットも、もうSFファンだけが理解してればいいという用語じゃないぜ。2018/04/21

トムトム

15
作者が登場。妙にリアルというか、フィクションに感じないというか。信じる自分は素直で良い子だと思った2019/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/521336

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。