• ポイントキャンペーン

新潮文庫
自閉症だったわたしへ〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 545p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102156124
  • NDC分類 936
  • Cコード C0198

内容説明

幼い頃から周囲との違和感に苦しんだドナ。20歳を過ぎて自らが自閉症だと知ったとき、ドナの「闘い」は始まった。自閉症だからこそ鋭敏に自覚される「あるがままの自分」を強く信じながら、相手との接点を必死に探り、自分の世界を広げていく努力の果てに、ついに心の新しカーウァイ,ウォンい地平が開けた―。世界的ベストセラーの前作に続くドナの熾烈な軌跡。

目次

帰郷
子どもたち
父の家、弟の家
新しい世界
教職免許課程
出版決定
レッスン
ミラー夫妻
あたたかい手
不思議な感情
合格、不合格
旅立ち
プロモーショナル・ツアー
「同志」
あるがままの世界
出会い
特別な絆

著者等紹介

ウィリアムズ,ドナ[Williams,Donna]
1963年、オーストラリア生れ。幼い頃からの記憶を綴った『NOBODY NOWHERE』(邦題『自閉症だったわたしへ』新潮文庫刊)を’92年に発表。世界で始めて自閉症者の精神世界を内側から描いた同書は、十数ヵ国語に翻訳されて世界的ベストセラーとなった。’94年には続編の『SOMEBODY SOMEWHERE』(本書)を発表。現在はイギリスに在住している

河野万里子[コウノマリコ]
1959年生れ。上智大学外国語学部フランス語科卒業。主な訳書にウィリアムズ『自閉症だったわたしへ』、サガン『愛は束縛』など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

eirianda

19
成長するのは苦しいこと、という最後のメッセージが深く染み入る。これは多くの自閉症と言われる人とその家族だけでなく、誰もが価値観を揺さぶられるような内容だと思う。そしてドナはずっと成長し続けるのだ。苦しみながら、自分を深く理解し、他人と接していく。今、人生に立ち止まっている人に読んでほしい。2018/03/21

イプシロン

18
「あるがまま」に生きるということを、青空を映しこんだ水滴のような透明な感覚で伝えている本に出合ったことはない。自閉症を知る、自閉症や心の病、ひいては運命と共に生きることへの勇気や励ましとして読ことも勿論できるが、それ以上に万人に対して「あるがまま」に生きることの素晴らしさ見せてくれる貴重な光を放っている。訳者の河野さんも述べているが、ある場面はヘレン・ケラーが「w-a-t-e-r」と話した瞬間に匹敵する美しさがある。本当のあるがままの生に行きつく術を知りたいなら絶対に読んで損のない一冊だと言い切れる。2018/04/30

テト

6
再読。2017/01/10

axxxo

3
作者の体験談は、成功体験もつまっている。私は自信を持てないでいるも。彼女の言葉から自信や勇気もいただいた。相手に自分のことや気持ちを伝えることを諦めちゃいけないと思えた。私も彼女のように詳細に伝えられるようになりたい。作者の、仕事で、ロンドンに行かれた記載もあり。『イギリスでは、日に十人が、線路に飛び込んで自殺する。』とも書かれていた。そこから彼女の心の葛藤も見受けられた。環境や文化の違いから私自身もカルチャーショックを受けやすい。オーストラリア出身の彼女は、自閉症を世界中に広めて下さった。2024/05/02

リトル・リン

3
前作は秀逸でした。今作は、蛇足とは言いませんが、少し内容が薄まってしまいました。インパクトのせいだけで実際には変わってないのかも知れませんが。2013/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/499015
  • ご注意事項