新潮文庫<br> 芝生の復讐

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
芝生の復讐

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月29日 06時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 265p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784102147030
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

雨に濡れそぼつ子ども時代の記憶と、カリフォルニアの陽光。その明暗のはざまに浮かびあがる、メランコリアの王国。密造酒をつくる堂々たち祖母、燃やされる梨の木、哀しい迷子の仔犬、ネグリジェを着た熊、失われた恋と墓のようなコーヒー、西瓜を食べる美しい娘たち…。囁きながら流れてゆく清冽な小川のような62の物語。『アメリカの鱒釣り』の作家が遺したもっとも美しい短篇集。

著者等紹介

ブローティガン,リチャード[ブローティガン,リチャード][Brautigan,Richard]
1935年ワシントン州タコマ生れ。’60年代はじめ、初の小説『アメリカの鱒釣り』を執筆。’67年に刊行された同書は世界中で200万部のベストセラーに。その後、イメージの万華鏡ともいわれる風変わりで愛すべき傑作を執筆。’84年、ピストル自殺

藤本和子[フジモトカズコ]
1939年東京生れ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

253
本書は『アメリカの鱒釣り』以降に書かれた短篇の網羅的集積であるようだ。全部で62篇を収録するが、スタイルも(小説の結構を取るものもあるが、散文詩風のものも)長さも(最短は、わずか2行。最長でも数ページ)バラバラで一見したところでは、そこに統一感を見いだせない。ただただアメリカがそこにある。とはいっても描かれるのはワシントン(D.C.ではなくstate)、オレゴン、カリフォルニア(しかも概ねサン・フランシスコまで)といったパシフィック・コーストの北部だが。感覚的には、やはりビートニクの匂いが濃厚なようだ。2015/05/23

ケイ

141
既視感と違和感。訳者は村上春樹かと確認したら、藤井光氏が米文学の訳が格段に質を上げたと話されていた時に言及されていた女性。違和感は、村上春樹の短編よりもっと太く優しいメランコリー。彼はブローディガンを何度も何度も読んでいたのかもしれない。自伝的出来事を含むという短編たち。女性の身体の美しさ、ブロンドの髪に惹かれながら、もうどこかでうんざりしてるようなのは、彼が書く短編にずっと耳を傾ける人がいなかったのかもしれない。こんな作家が本当にアメリカで忘れられかけているのだとしたら、本当に残念なこと。珠玉の短編集。2020/03/20

ふうらいぼう

91
読んだ人によって好きか嫌いかが大きくわかれるタイプの本だと思います。よく言われますが、村上作品とかなり雰囲気が似ており、村上春樹が影響を受けた作家なのかもしれません。ブローティガン独特の、透明なみずみずしい言葉で生きる上での喜びや悲劇が語られています。それぞれの短編には明確なストーリーはあまりなくて、短編集というよりは、詩集のような感じの本です。収録短編の中では、私は「コーヒー」が好きで何度も読み返しました。2015/05/07

zirou1984

54
アメリカの分断が可視化されてゆく今日この頃だが、ブローディガンはアメリカの裂け目そのものをずっと以前から描いていた。散文的な人生しか過ごせなかった者のみが書き得る孤独の花束。きれぎれの断片と、ばらばらな言葉がくっついて隙間だらけの人生にユーモアが沁みていく。ちょっとした間の悪さや笑うに笑えない失敗、他人からすれば取るに足らないコンプレックスの様な日陰に置き去りにされた感情を、ブローディガンは丁寧に磨き上げておどろきの形で差し出してくる。それは、時代が変われど決して変わらない人間そのものの姿だと思うのだ。2016/11/12

市太郎

52
ブローティガンを続けて読む。この前に読んだ「アメリカの鱒釣り」と比べると後の作品だからか、かなり読みやすい。正直鱒釣りは読んでいるうちに意識がどこかに飛んでいってしまう事も多々あったのだが、こちらはすんなりと読めた。僅かだが寂しく感じる暗い文章もあったりして、個人的に「東京モンタナ急行」に惹かれていたので、その時期のブローティガン面影文章と重なる。もちろん彼らしい素敵な文章がほとんどだ。余談ですが、この本を古本屋で買おうとしたら表紙が少し破れていたという事でただにしてくれた。ありがとうございます。2018/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/530983

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。