新潮文庫<br> 雨/赤毛 - モーム短編集 1 (改版)

個数:

新潮文庫
雨/赤毛 - モーム短編集 1 (改版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月29日 11時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102130087
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

世界文学史上に残る名作短篇「雨」収録。太平洋に浮かぶ島で、止まない雨が招いた不可解な出来事――。

狂信的な布教への情熱に燃える宣教師が、任地へ向う途中、検疫のために南洋の小島に上陸する。彼はここで同じ船の船客であるいかがわしい女の教化に乗りだすが、重く間断なく降り続く雨が彼の理性をかき乱してしまう……。世界短篇小説史上の傑作といわれる「雨」のほか、浪漫的なムードとシニックな結末で読者を魅了する恋愛小説「赤毛」など、南海を舞台にした短篇3編を収録。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

115
短編小説史上最高とも言われる「雨」。雨季のサモアで降る雨は、原始的な自然の力だけでなく、人間の欲望をも呼び覚ます。医師兼宣教師が悔い改める娼婦と一晩を祈りと共に過ごすうちに、過ちを犯し自死を選ぶ。娼婦が男なんて皆んな一緒よと叫ぶ結末は、どうしようもない男という悲しき性を示す。ただ、この話の語り手は同僚の医師であり、信頼できない語り手の可能性も否定できない。「赤毛」のラストにも愛する男女の数十年後という鮮やかな落ちがある。他に「ホノルル」もラストの返しが秀逸。いずれも1921年「木の葉のそよぎ」短篇集から。2022/10/01

NAO

93
再読。モームの南洋もの三篇。『雨』狂信的な宣教師の特権を振りかざした独善的・高圧的な態度と、人々の神経に触る、激しく、しつこい雨の描写が見事に呼応し合い、宣教師の破滅へと突き進んでいく。『赤毛』の、あまりにもロマンチックな話と最後の落差といい、『ホノルル』の最後といい、イギリスの諜報部員だったというモームは、人間の感情に対して全く信用をおいていなかったのだろうか、と思う。2019/06/06

やきいも

81
恋愛ものの短編の『赤毛』が深く心に残った。読みはじめは少し退屈なんだけど、ロマンティックな中盤からほろ苦い結末までストーリーもとても印象深い。本文の中にも心ひかれる一行がいくつかあった。有名な短編『雨』もなかなか良かった。これから何回も読み返すであろう短編集。2015/08/07

Kajitt22

74
南の島が舞台の短編。『月と六ペンス』の熟れた熱気の中の緑濃いモーレア島の描写を思い出した。あのストリックランドの狂気とも思えるシリアスな生き様に胸を打たれたが、これらモームの短編にはアイロニーとユーモアの色合いが濃い様に思う。しかし、それこそが人間モームそのものかも知れない。物語の語り口には、思わず引き込まれてしまう三つの短編でした。2021/05/18

こばまり

61
なんと皮肉屋でロマンチストか。100年近く前に書かれていながら、今尚読者の心を掻き乱すのは人間が描けているからだとシビれまくり。もっと早く読めばよかった。それとも今読むから沁みるのか。聞けばモーム先生は最大の短編作家にモーパッサンを挙げている。なるほど大いに納得。2016/06/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/425556
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。