新潮文庫<br> 絵のない絵本 (改版)

個数:

新潮文庫
絵のない絵本 (改版)

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月18日 07時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 109p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102055014
  • NDC分類 949.73
  • Cコード C0197

出版社内容情報

世界一もの知りなお月さまが教えてくれる不思議な出来事。

わたしは、貧しい絵描き。友達はいないし、窓から見えるのは、灰色の煙突ばかり。ところがある晩のこと、外をながめていたら、お月さまが声をかけてくれた……。ある時はヨーロッパの人々の喜びと悩みを語り、ある時は空想の翼にのって、インド、中国、アフリカといった異国の珍しい話にまで及ぶ。短い物語の中に温かく優しい感情と明るいユーモアが流れる、宝石箱のような名作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

❁かな❁

134
仲良しのお気に入りさんからプレゼントしてもらいました!お月様が若い絵描きに毎晩いろんな見て来た出来事を語ってくれます★全33夜のお話。お月様は優しく静かにいろんな人々を見ています。私は2夜、11夜、16夜、17夜、33夜のお話が印象的でした*16夜のプルチネッラのお話は切なかったですが、とても良かったです*2夜、17夜、33夜は小さな子供が出てくるお話で可愛くて、ほっこりしました(´▽`*)短いお話ですが一気に読むのはもったいなくて夜眠る前に少しずつ読みました☆お月様が優しくキスしてくれているような作品♪2015/03/19

ちはや@灯れ松明の火

106
月がわたしに語ります。夜をあまねく照らしながら、ちいさな窓辺をのぞきこみ、風とともに海を渡り森を抜け、見つめてきた景色を。きっと、とてもきれいな絵本ができますよと笑います。子どもたちの愛らしいつぶやきをそっと拾って、哀しみにくれる大人を透きとおるまなざしで見送った、光と影とでえがかれる見知らぬ誰かのいのちと死。わたしは息をつきます。どんな色をのせればいいでしょうか。どんなことばを、音楽を添えればいいでしょうか。月がくれた三十三夜の物語がどんな絵画よりもうつくしくまぶたに浮かび、わたしは絵筆をにぎります。 2014/05/15

さつき

78
宮沢賢治が夢中になっていたとのことで、気になって。月を語り手に様々な国の人々の風景が描かれています。形を変え続け、日によって出入りの時間も異なる月は、人生の全てを見守ることはできません。それなのに、限られた時間、限られた場面を目撃するだけで、なんて豊かに美しく人間を描いているんでしょう。悲しく寂しく、やりきれない思いになるエピソードがあるかと思えば、クスクス笑いたくなったり、幸せな思いに包まれる場面も挟まれます。本当に人生そのものだと感じました。2019/02/12

72
月が絵描きに話す旅物語を中心にした第一夜から第三十三夜までの話で成り立っている。タイトル通り挿絵一つないが、読んでいると情景が鮮明に浮かび、絵を描きたくなってくるから不思議。アンデルセンが実際に旅したパリ、スウェーデン、リューネブルグやフランクフルト、イタリアをはじめ、空想で書かれたというインドやグリーンランド、アフリカ、中国など月は世界を旅しながらさまざまな人々を温かな眼差しでみつめている。ただ絵の題材のヒントとして話しているらしいので明確なオチが感じられず、少し残念だが、絵描きへの思い遣りが素敵だ。2013/05/01

鱒子

68
お月様が絵描きに語る33のお話。美しかったり微笑ましかったり、かと思えば切なかったり寂しかったり。多彩な内容です。どのお話も心の中に絵が浮かびます(自分にそれを表現できる画力が有れば!と切ないため息が出ます)。読者みんながそれぞれの絵を、自分の心に思い浮かべるのでしょう。このタイトルには魔法がかかっているとわたしは思います。なんて素晴らしい本!2020/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/569120
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。