新潮文庫<br> じゃじゃ馬ならし/空騒ぎ (改版)

個数:
電子版価格 ¥649
  • 電書あり

新潮文庫
じゃじゃ馬ならし/空騒ぎ (改版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 383p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102020098
  • NDC分類 932
  • Cコード C0197

出版社内容情報

パデュアの街に展開される楽しい恋のかけひき「じゃじゃ馬ならし」。知事の娘の婚礼前夜に起った大騒動「空騒ぎ」。機知舌戦の二喜劇。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

339
(感想は「じゃじゃ馬ならし」のみ)本作はシェイクスピアの習作時代に書かれ、上演されたものであるらしい。悲劇と違って、シェイクスピアの喜劇にはあまり馴染みがないのだが、後の(とは言ってもわずか2,3年後なのだが)「夏の夜の夢」に見られるような弾けるばかりの舞台と比べると、地味な印象は否めない。現代の我々にとっては、メインプロット(ペトルーキオーによるカタリーナのじゃじゃ馬ならし)にそもそも無理を感じるし、サブプロットもまたお座なりな印象が残る。さらには、これを劇中劇に仕立てた意図も曖昧なままだ。2018/09/05

優希

124
シェイクスピアの喜劇が2本。珍しく悲劇要素はありません。じゃじゃ馬が淑女になったり、恋の三角関係が描かれたりと、陽気な恋に横恋慕と明るい情熱が見受けられました。2作ともドタバタコメディの色が見えますが、最後は落ち着くところに落ち着くのがいいですね。悲劇を描くと右に出る者はいないというイメージのシェイクスピアですが、このような明るい作品も面白くて、戯曲作家としての幅の広さを感じずにはいられません。2017/01/16

紅はこべ

109
「空騒ぎ」反発し合う男女が恋に落ちる恋愛ものの原型か。ベアトリスはエリザベス・ベネットの先輩。ケネス・ブラナーとエマ・トンプソンの映画は良かった。ベネディックに「クローディオを殺して」と迫るエマ・トンプソン、圧倒的迫力だった。「じゃじゃ馬ならし」 「ヴェニスの商人」と並んで、現在上演するのに色々問題がある作品。以前何かの番組でリュートの実物が紹介されて、これなら女性が男性の頭を殴れると思った。カタリーナは絶対そのままの方が魅力的だよ。ペトルーキオーは浮気する可能性大。2017/07/10

syaori

73
初期と中期の喜劇を収録。どちらも恋人たちの駆け引きや行き違い、それが大団円へと収束してゆく様がとにかく楽しく、解題で指摘されるような矛盾や問題点などもありますが、それらを補って余りある物語や登場人物たちの勢いと魅力に大いに劇を享受しました。また二作並べることで、『じゃじゃ馬ならし』では劇の勢いに振り回されがちな印象だったのが『空騒ぎ』ではその勢いを殺さずに登場人物たちの役割や出来事を巧みに組み立てているというように、作者の成長も感じられるよう。機知と自立心に富んだベアトリスが魅力的な『空騒ぎ』が大変好き。2021/12/13

おにく

35
演劇には話を進展させるため、悪役や憎まれ役は必要だと思っていました。例えば、ヴェニスの商人に出てくる"ユダヤの高利貸し"は、人種の面で配慮が必要ですけど、劇中では重要な役どころとして、憎まれ役に徹して欲しいですし、今作の"じゃじゃ馬ならし"で、ペトルーキオーがカタリーナを教育するくだりは虐待や洗脳まがいですが、いちおう"劇中劇"という扱いなので、おおらかに捉えようと思いました。それでも"空騒ぎ"において、心優しい娘ヒーローが傷つけられる場面はあまりに不憫で、その後の展開が頭に入らなかったほど。(続く↓) 2022/02/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/522919

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。