新潮文庫<br> オセロー (改版)

個数:
電子版価格 ¥528
  • 電書あり

新潮文庫
オセロー (改版)

  • ウェブストアに26冊在庫がございます。(2022年05月19日 00時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 241p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784102020029
  • NDC分類 932
  • Cコード C0197

出版社内容情報



シェイクスピア[シエイクスヒア]
著・文・その他

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

312
タイトルロールのオセロは人格高潔、人望も厚く、ヴェネツィアの人たちみんなに愛されていた。そう、たった一人イアーゴーを除いては。劇中ではオセロは徹底して受身の存在である。劇を構成して行くのはあくまでも敵役のイアーゴーだ。望み得るすべてを手にしていたはずのオセロの胸中に巣くった「嫉妬」という魔物が時間を追って増幅してゆく。ただし、この劇では内面が行動によって描き出されるのではなく、あくまでも内的な苦悩としてそれが描かれているのである。オセロをムーア人と設定したことは、劇に限界を与えることになってしまった。2013/05/01

ハイク

142
シェックピア4大悲劇の一つ。私にとってはこれで最後で4冊目となる。4大悲劇の中で1番スケールは小さい。ヴェニス国の将軍オセローはトルコが攻めて来るのをサイプラス島で迎え撃つ準備をした。ところが急に海は荒れ狂いトルコの軍船は沈没し全滅した。オセローは戦わずして勝利を得た。そんな時オセローの妻は島に来た。ところがオセローからの贈答品の大事なハンカチを失くしてしまい、オセローは妻を疑った。これには裏で操る者が居たのだ。妻はオセローの副官であるキャッシオウと姦通したとされた。妻は無実であるとオセローに訴えた。2016/09/27

かみぶくろ

120
高潔なムーア人の武将オセローが、妻の不貞に疑心暗鬼になって真っ逆さまに転落していく。疑心を植え付け助長させるイアーゴーの悪党ぶりが見事。せりふに表れる機知と奸計で、終始この作劇をイアーゴーが支配している。結局のところ、この話は男女の惚れた腫れた的な醜聞がメインであり、他のシェイクスピア悲劇と比べて俗っぽさが漂っている。逆に言えば、シェイクスピアが悲劇として表現する程、文春的なものは古来から人間社会にどっしりと根を下ろしているということだろう。2017/10/21

優希

113
シェイクスピア4大悲劇のうちの1つです。ムーア人オセローとその妻デズデモーナの悲劇が描かれます。イアーゴーの悪役が激しく、全てが彼の思うがままになっていくのが巧みな策略だと思いました。デズデモーナの不義をでっちあげ、その虚偽を疑うこともないオセローの純真なまでの行動が凄いです。策略に踊らされるように猜疑心や嫉妬に狂うオセローの姿は悪夢そのものに見えました。オセローの行動はまさに鬼そのものでした。裏切りへの絶望だったからこそ、明らかにされた真実に安堵し、自殺したのだと思います。やりきれない愛の物語でした。2015/08/25

Miyoshi Hirotaka

97
17世紀のベニスは国際社会。法が支配し、肌の色や出自にかかわらず実力次第で重要ポストが与えられ、美女を娶るチャンスがあった。ところが、成功を妬む輩はいつの時代にもいる。その妖計により、人の心に潜む「法」が作用し、疑いが憎悪に増幅され、悲劇に拡大してしまう物語。シェークスピアの四大悲劇の一つ。黒人が高潔な軍人として描かれ、白人美女との駆け落ちが設定されているのはこの時代の文学では稀。この物語の主題は愛の悲劇。隙間がないようにみえる完璧な愛もちょっとしたことで崩れる。それは自己崩壊のようなもので止められない。2017/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/538467

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。