• ポイントキャンペーン

新潮文庫
寂滅の剣―日向景一郎シリーズ〈5〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 513p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101464145
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

日向景一郎と森之助―兄弟による対決の刻は、目前に迫っていた。そのような中、彼らが暮らす薬草園に秘蔵されたある物を求め、数え切れぬほどの武士が押し寄せる。静かな江戸の町にたちまち戦国の血風が吹き荒れた。名刀を縦横に振るい、死者の山を築きながら、剣鬼たちは何を思う?必殺ゆえ世に容れられず滅びゆく流派を継いだ、ふたりの男。入魂の時代小説シリーズ、完結篇。

著者紹介

北方謙三[キタカタケンゾウ]
1947(昭和22)年、佐賀県生れ。中央大学卒業後、’70年に『明るい街へ』でデビュー。’83年『眠りなき夜』で日本冒険小説協会大賞、吉川英治文学新人賞受賞。’84年に『檻』で日本冒険小説協会大賞、’85年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。’91(平成3)年『破軍の星』で柴田錬三郎賞受賞。2006年、『水滸伝』全19巻で司馬遼太郎賞を受賞。’07年、『独り群せず』で舟橋聖一文学賞を受賞。’10年、日本ミステリー文学大賞受賞。’11年、『楊令伝』全15巻で毎日出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日向景一郎と森之助。宿命の兄弟対決の刻は目前に迫っていた! 滅びゆく必殺剣を継ぐふたりの男を描く――剣豪小説の最高峰。

日向景一郎と森之助――兄弟による対決の刻は、目前に迫っていた。そのような中、彼らが暮らす薬草園に秘蔵されたある物を求め、数え切れぬほどの武士が押し寄せる。静かな江戸の町にたちまち戦国の血風が吹き荒れた。名刀を縦横に振るい、死者の山を築きながら、剣鬼たちは何を思う? 必殺ゆえ世に容れられず滅びゆく流派を継いだ、ふたりの男。入魂の時代小説シリーズ、完結篇。