新潮文庫<br> 激情次長―不正融資を食い止めろ

電子版価格 ¥799
  • 電書あり

新潮文庫
激情次長―不正融資を食い止めろ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 474p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101462257
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

大洋栄和銀行の上杉健は、問題があると思えば上司や官僚であろうと容赦しない広報部次長だ。横領、派閥抗争、大蔵省接待、インサイダー取引。数々の苦難を持ち前の正義感で乗り越えてきた上杉に、未曾有の金融不祥事が立ちはだかる!隠蔽を図る経営幹部たち。腐敗が極限にまで達した銀行の膿を出し切ることはできるのか?企業エンタテインメントの傑作。

著者紹介

江上剛[エガミゴウ]
1954(昭和29)年兵庫県生れ。早稲田大学政治経済学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行。’97(平成9)年の第一勧銀総会屋事件では、広報部次長として混乱収拾に尽力した。2002年、築地支店長を務める傍ら『非情銀行』を発表して作家デビュー。’03年3月にみずほ銀行を退行し、以後、執筆に専念している。小説、ビジネス書など著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

大洋栄和銀行の腐敗は極限にまで達していた。組織の膿を出し切るため、上杉健は立ち上がる! 銀行エンタテインメントの傑作。

大洋栄和銀行の上杉健は、問題があると思えば上司や官僚であろうと容赦しない広報部次長だ。横領、派閥抗争、大蔵省接待、インサイダー取引。数々の苦難を持ち前の正義感で乗り越えてきた上杉に、未曾有の金融不祥事が立ちはだかる! 隠蔽を図る経営幹部たち。腐敗が極限にまで達した銀行の膿を出し切ることはできるのか? 企業エンタテインメントの傑作。『さらば銀行の光』改題。