新潮文庫<br> ぬしさまへ

個数:
電子版価格 ¥649
  • 電書あり

新潮文庫
ぬしさまへ

  • ウェブストアに34冊在庫がございます。(2021年10月25日 07時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101461229
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

きょうも元気に(?)寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。おまけに難事件もめいっぱい。幼なじみの栄吉の饅頭を食べたご隠居が死んでしまったり、新品の布団から泣き声が聞こえたり…。でも、こんなときこそ冴える若だんなの名推理。ちょっとトボケた妖怪たちも手下となって大活躍。ついでに手代の仁吉の意外な想い人まで発覚して、シリーズ第二弾、ますます快調。

著者等紹介

畠中恵[ハタケナカメグミ]
1959(昭和34)年、高知県生れ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学卒。漫画家アシスタント、書店員を経て漫画家デビュー。その後、都筑道夫の小説講座に通って作家を目指し、『しゃばけ』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

むらKみ

216
久しぶりに畑中先生の時代劇ファンタジー堪能しました。短編で読みやすいし、内容が軽い?と感じる事もありますが、それがいいんですよ。今回は「仁吉の思いの人」良かったですね。こんな話の展開想像もしてませんでした。人と違って1000年も思い続けた失恋の話。妖はスケールが違いますね。ちゃんとオチもあって。チャンチャンです。(^^; 鳴家や屏風のぞきの活躍?(^^;も楽しみです。 さあ次はなんだったけ?(^^;2013/04/20

ヒロ@いつも心に太陽を!

203
どうしても『仁吉の思い人』を読み返したくなり再読。飲んだら仁吉の失恋話を聞かせてあげますと佐助にそそのかされ「あの仁吉が失恋だなんて!」と信じられずも好奇心が勝り苦いクスリを我慢して飲んだ若だんな。そして聞いた仁吉の失恋相手とは・・・。あー、何度読み返しても仁吉さんの片想いがせつない。その気持ちに気づいているけど気づかないフリをしてたあの方もきっとつらかったはず。そして今は、自分の目の前で幸せをつかんだあの方の大切な人に仕える毎日。若だんなのこと大好きだもんね。でも今も仁吉の心の中にはあの方がいるのかな?2012/09/03

小梅

188
兄松之助が長崎屋に来て、若だんなからの暖かい言葉と優しさに、松之助の孤独から解放された安堵の涙に、電車の中で思わず涙が… 仁吉の思い人が、まさかここに繋がっていたとは! 益々面白くなってきて、先が楽しみ♪2014/02/17

ドナルド@灯れ松明の火

160
しゃばけに続いて読んだ。相変わらず読みやすく微笑ましい。でも少しメリハリがついてきたのかな。仁吉の千年の恋なんてロマンチックでいいなぁ。次はねこのばばに行こう。2010/11/17

takaC

148
『しゃばけ』から読みましょう。2008/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580476

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。