新潮文庫<br> 楽毅〈1〉

個数:
電子版価格 ¥737
  • 電書あり

新潮文庫
楽毅〈1〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年10月20日 19時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 418p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101444277
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

古代中国の戦国期、「戦国七雄」にも数えられぬ小国、中山国宰相の嫡子として生まれた楽毅は栄華を誇る大国・斉の都で己に問う。人が見事に生きるとは、どういうことかと。諸子百家の気風に魅せられ、斉の都に学んだ青年を祖国で待ち受けていたのは、国家存立を脅かす愚昧な君主による危うい舵取りと、隣国・趙の執拗な侵略だった。才知と矜持をかけ、若き楽毅は祖国の救済を模索する。

著者等紹介

宮城谷昌光[ミヤギタニマサミツ]
1945(昭和20)年、愛知県生れ。早稲田大学第一文学部英文科卒。出版社勤務等を経て’91(平成3)年、『天空の舟』で新田次郎文学賞を、『夏姫春秋』で直木賞を受賞。’93年、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞受賞。2000年、司馬遼太郎賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はっせー

134
時は春秋戦国時代。中山国の宰相の息子である楽毅。楽毅は斉に留学をして見識を広げる。その間に隣国の趙が中山国を狙っている。これが時代背景になっている。楽毅は諸葛亮が自分と比べて天才だと言った人物である。そんな楽毅の人生を描いたのがこの作品になっている。まだまだ序盤のため、話が大きく動かないが、読んでいてとてもおもしろい!孫子の兵法を学び、そこから型にはまってやるより、その場その場で適切な判断を下したほうがいいと理解したり、外交の本質を理解したりと凄さの片鱗を見せている。続きが気になる作品であった!2021/08/25

あさひ@WAKABA NO MIDORI TO...

73
宮城谷作品は、興味はあるけど自分には敷居の高い中国もので、しかもボリュームたっぷりの作品が多くちょっと手を出しずらいイメージがあったのですが、読書の幅を拡げるためにと今回初挑戦です。舞台は古代中国の戦国期、小国である中山国の宰相の子、楽毅をとおして祖国の救済を模索する物語。「人がみごとに生きることは、むずかしいものだな。」で始まる全4巻におよぶ大作。第1巻目は楽毅という非凡ではあるが人間味のある魅力的な人物像に迫りつつ、非情な戦国の世の火ぶたが切って落とされます。思っていたより読み易いです。次巻へ!2017/01/02

遥かなる想い

72
本書を読み始めたころは、本になるのが待ち遠しくて、出版予定を心待ちにしていた記憶がある。「諸葛孔明が楽毅にあこがれた・」ということらしいが。2010/06/12

KAZOO

68
ほとんどといって知らない人物でした。小国の宰相の子息として生まれて斉の都で若いころ学びます。小さい国家をどのように運営していかじ取りをしていきくべきかをよく見極めていきます。斉から戻り隣国から攻められる国をいかにして守っていくか、若いころの楽毅の活躍が記されています。2015/03/27

17

51
(再読)楽毅は中山国の宰相の子。当時の先進国であるが中山国とは国交のない斉に留学したり、敵国の大軍勢から塞を死守するなど肝が据わっている。楽毅のような佇まいになるにはどうすれば良いのだろう。やはり苦難の経験が人を育てると考えるべきか。2012/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/533632

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。