新潮文庫<br> プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月

個数:

新潮文庫
プリズン・ガール―アメリカ女子刑務所での22か月

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年01月20日 00時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 364p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101352718
  • NDC分類 916

内容説明

ニューヨークに暮らす20代の私は、ある朝、突然FBIに逮捕された!麻薬密売組織に協力したという、身に覚えのない容疑だった。無実の訴えもむなしく、絶望と不安を抱えて、連邦刑務所への入所日を迎えた私。だが、米刑務所の意外なシステムの下、次第に様々な人種の囚人仲間と友情を育みはじめて―。日本人の女の子が実際に経験した、過酷ながらもポジティブなプリズン・デイズ。

目次

第1章 NY、マフィアの恋人、そして私はFBIに逮捕された(逮捕;アレックス ほか)
第2章 アメリカ連邦女子刑務所本当にここで生きていけるのかな(入所;懲罰房 ほか)
第3章 プリズン・デイズ私と彼女たちの罪と罰(熱い夏;さよならグロリア、こんにちはコンタクト ほか)
第4章 州刑務所、そして、さよならアメリカ(州刑務所へ;四人部屋 ほか)

著者紹介

有村朋美[アリムラトモミ]
1977(昭和52)年東京生れ。高校卒業後、OL生活を経て、21歳の時にアメリカ・ニューヨークに渡る。現地にて、麻薬密売組織に関与した疑いで、FBIに逮捕され、連邦女子刑務所で約2年間、服役した。日本へ強制送還後、獄中記『プリズン・ガール』を著した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)