• ポイントキャンペーン

新潮文庫
病気は自分で治す―免疫学101の処方箋

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 286p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101350318
  • NDC分類 491.8

内容説明

人間の体にはすばらしい自己治癒力がある!その仕組みを活かすために必要なことは?医者にかかっているのになかなか治らない慢性疾患を抱えている人、薬での対症療法に頼りすぎている人は、自分の病気の原因は何なのか、食事の習慣や生活全般を見直すことが必要。病気は体のクセや偏りを知り、生き方の無理を正す機会でもある。体本来の力を活性化する、免疫力の生かし方を専門家がやさしく解説する。

目次

第1章 からだの仕組みを理解する(多細胞生物としての人間;「調節系」の基本は「自律神経系」 ほか)
第2章 病気の成り立ち(働き過ぎ病=血管免疫芽球性リンパ節症;リンパ球のガン=悪性リンパ腫 ほか)
第3章 病気は自分で治す(「抗ガン剤」は「発ガン剤」;2割の法則 ほか)
第4章 健やかに生きるために(太陽の力;時代とともに問題は変化する ほか)

著者紹介

安保徹[アボトオル]
1947(昭和22)年、青森県生れ。東北大学医学部卒業。アメリカ・アラバマ大学留学中の’80年、「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製。’89年、胸腺外分化T細胞を発見。’96(平成8)年、白血球の自律神経支配のメカニズムを解明。2000年、胃潰瘍の原因が胃酸であるとの定説を覆して注目される。200を超える英文論文を発表し、国際的に活動。現在、新潟大学大学院医歯学総合研究科教授(国際感染医学・免疫学・医動物学分野)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)