新潮文庫<br> 世間知らずの高枕

  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
世間知らずの高枕

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 393p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101350141
  • NDC分類 914.6

内容説明

「一寸先は闇」なのである。何が起こるかわからない。世の習いはそうである。ところが、いつでもひとは「世間知らずの高枕」。一朝有事の際には思い出すことになるあれこれも、土壇場までは知らんぷり。そして、いっとき思い立ち、枕をはずして寝るものの、すぐさま忘れてしまうのだ。浮世を観察して幾星霜、よくぞいってくれました。著者ならではの切り口が冴える名物コラム150編を収録。

目次

初手から怪しいリクルート
初手から怪しいリクルート(承前)
歯にきぬ着せぬというけれど
西洋人になりたいのだ
またひとり明治の人逝く
もう行くまいとは思えども
三十年前の「ベルト通し」
いでよ入歯評論
安物の正義売物の正義
いでよホテル評論〔ほか〕