新潮文庫<br> 歪曲報道―巨大メディアの「騙しの手口」

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
歪曲報道―巨大メディアの「騙しの手口」

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 15時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101345949
  • NDC分類 070.21

内容説明

朝日新聞「従軍慰安婦」問題を徹底検証!新聞・テレビの欺瞞を暴く。

目次

1 日本を敵視する日本のメディア(国際恐怖症に憑かれる日本メディア;『朝日新聞』のオレオレ詐欺 ほか)
2 新聞は詐欺師を褒め、殺人鬼を庇う(ブラックの手口;出処進退は殺人犯に聞いたらどうだ? ほか)
3 「日本軍は残虐」の嘘を検証しない日本の新聞(「朝日式ニュースの作り方」マニュアル;日本を歪める無国籍新聞の「戦争プロパガンダ」 ほか)
4 安倍政権が朝日新聞の葬式を出す(戦後の朝日新聞;安倍の反撃)

著者紹介

高山正之[タカヤママサユキ]
1942(昭和17)年生れ。ジャーナリスト。’65年、東京都立大学卒業後、産経新聞社入社。社会部デスクを経て、テヘラン、ロサンゼルス各支局長。’98(平成10)年より3年間、産経新聞夕刊1面にて時事コラム「異見自在」を担当し、その辛口ぶりが評判となる。2001年から’07年3月まで帝京大学教授。「週刊新潮」に連載中のコラム「変見自在」は熱狂的ファンも多く、名物辛口コラムとして高い人気を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

事実の歪曲や捏造を繰り返す巨大メディアは、日本人を貶め、日本の崩壊を企む、獅子身中の虫である。報道の欺瞞を暴く驚愕の書。

日本人を貶めるためなら、事実の歪曲どころか歴史の捏造さえ厭わない。それが巨大メディアの正体だ。殺人鬼を野に放ち更なる犠牲者を出した朝日新聞と共同通信。カルト教団に取材テープを見せ、無辜の命を奪ったTBS。ついに白日の下に晒された、吉田清二による「従軍慰安婦狩り」証言のウソ……。ニュースには、必ず偽物がまじっている。反日ジャーナリズムの欺瞞を暴く、驚愕の書。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件