• ポイントキャンペーン

新潮文庫
老嬢は今日も上機嫌

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 283p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101345352
  • NDC分類 914.6

内容説明

父、兄、妹はいずれも作家、母は日本初の美容師。個性豊かな一家に育った女優・吉行和子は、舞台「アンネの日記」でデビュー以来、半世紀を経てなお輝き、俳人としても活躍。その原動力は、何処から生まれるのか。家族、友人、仕事、旅、本―好きなものへの「好奇心」と「距離感」とを併せ持ち、軽やかに生きることこそが、その源と言える。鋭い感性で綴る、滋味あふれるエッセイ。

目次

生まれた街で(ここで生まれ…暮らした父エイスケと母あぐり ほか)
人間というものは1(電話;小説は面白い ほか)
本と暮らす日々(ユーモアいっぱいの日記;幻想と現実の間 ほか)
人間というものは2(正しい日本語に出合う;架空と現実 ほか)
日々を生き、日々を詠む(わが家のキッチン;ふたりで散歩 ほか)

著者紹介

吉行和子[ヨシユキカズコ]
東京生れ。女優。父エイスケ、兄淳之介、妹理恵は作家。母あぐりは日本初の美容師。劇団民藝に学び、1957(昭和32)年「アンネの日記」で主演デビュー。日本アカデミー賞優秀主演女優賞、毎日映画コンクール田中絹代賞など、舞台・映画での受賞多数。著書は’84年に第32回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した『どこまで演れば気がすむの』ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)