新潮文庫<br> 還れぬ家

電子版価格 ¥853
  • 電書あり

新潮文庫
還れぬ家

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 573p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101342160
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

十代で捨てた家だった。姉も兄も寄りつかない家だった。老父は心臓病を患い、認知症が進む。老母は介護に疲弊していた。作家は妻とともに親を支えることになった。総合病院への入院も介護施設への入所も拒む父、世間体と因襲に縛られる母。父の死後、押し寄せた未曾有の震災。―作家は紡ぐ、ただ誠実に命の輪郭を紡ぎ出す。佐伯文学の結実を示す感動の傑作長編。毎日芸術賞受賞。

著者等紹介

佐伯一麦[サエキカズミ]
1959(昭和34)年、宮城県仙台市生れ。仙台第一高校卒。雑誌記者、電気工など様々な職に就きながら、’84年「木を接ぐ」で「海燕」新人文学賞を受賞する。’90(平成2)年『ショート・サーキット』で野間文芸新人賞、’91年『ア・ルース・ボーイ』で三島賞、’97年『遠き山に日は落ちて』で木山捷平賞、2004年『鉄塔家族』で大佛賞、’07年『ノルゲNorge』で野間文芸賞、’14年『還れぬ家』で毎日芸術賞、『渡良瀬』で伊藤整賞を、それぞれ受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

認知症の父、母との確執。姉も兄も寄りつかぬ家で、作家は妻と共に懸命に命を紡ぐ。佐伯文学三十年の達成を示す感動の傑作長編。

十代で捨てた家だった。姉も兄も寄りつかない家だった。老父は心臓病を患い、認知症が進む。老母は介護に疲弊していた。作家は妻とともに親を支えることになった。総合病院への入院も介護施設への入所も拒む父、世間体と因襲に縛られる母。父の死後、押し寄せた未曾有の震災。――作家は紡ぐ、ただ誠実に命の輪郭を紡ぎ出す。佐伯文学の結実を示す感動の傑作長編。毎日芸術賞受賞。