新潮文庫<br> 女という病

電子版価格 ¥518
  • 電書あり

新潮文庫
女という病

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101341712
  • NDC分類 368.6
  • Cコード C0195

内容説明

ツーショットダイヤルで命を落としたエリート医師の妻、我が子の局部を切断した母親、親友をバラバラにした内気な看護師…。殺した女、殺された女。際限ない欲望、ついに訪れた破滅。彼女たちは焼けるような焦りに憑かれて「本当の私」を追い求め、狂い、堕ちた。女性が主役を演じた13事件の闇に迫る圧倒的ドキュメント!女の自意識は、それ自体、病である。これは、あなたの物語。

目次

空っぽの椅子―同人誌“やおい”漫画家殺害事件
ファンシーな城の中の死―エリート医師妻誘拐殺人事件
人生の偽造パスポート―ラカン派精神科医婚約者殺し
殺意の蝉時雨―保育園長園児殺害事件
“有栖川宮妃”のファーストクラス―ニセ皇族の結婚披露宴詐欺事件
青木ヶ原樹海から出てきた女―事件を装って家出した市長の娘
虐待という因果―実子局部カミソリ切断事件
「容貌」という地獄―佐世保小六同級生殺人事件
親友をバラバラにした女―看護師三角関係殺人死体遺棄事件
通称「和歌山二大悪女」―和歌山マリオネット殺人事件
逃げ場所は心中―浮き草売春女テレクラ心中事件
霊能者は殺せと告げた―神奈川県連続主婦殺人事件
バービー・ナルシシズムが生んだ狂気―赤い自転車連続通り魔事件

著者等紹介

中村うさぎ[ナカムラウサギ]
1958(昭和33)年福岡県生れ。同志社大学文学部英文科卒。OL、コピーライターを経て、ジュニア小説デビュー作『ゴクドーくん漫遊記』がベストセラーに。その後、壮絶な買い物依存症の日々を赤裸々に描いた週刊誌の連載コラム「ショッピングの女王」がブレイクする。エッセイ、小説、ルポルタージュに著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。