新潮文庫<br> 「さよなら」が知ってるたくさんのこと

個数:

新潮文庫
「さよなら」が知ってるたくさんのこと

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月11日 10時26分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 204p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101334240
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

ひとりで抱えてるのは、ちょっと辛い。でも、誰に話せばいいのかわからない…そんなこと、あなたにもありませんか?たとえば、恋ができなくて、気持ちばかり焦るとき。本当の友達がいないと感じたとき。気を使いすぎて疲れたとき。大好きな人とうまくいかなかったとき―泣きたい、でも泣けない、そんな夜、この本を開いてみて下さい。きっとあなたにも「大丈夫」が届くはずです。

目次

ひとりの時間をどう過ごしてますか(寂しさ、このやっかいなもの;愛されなかったことを卑屈に思わないで;終わった恋にピリオドを打つには ほか)
誰も知らない私がいる(他人の恋は自分の恋の参考にはならない;今の生活、そんなに不満ですか;照れてはいけない、恥ずかしがるのはいいけど ほか)
欲しいものは何だろう(私が決める、さよなら;ベッドの中で考えること;結婚というひとつの選択 ほか)

著者等紹介

唯川恵[ユイカワケイ]
1955(昭和30)年、金沢市生れ。金沢女子短期大学で情報処理学を学んだ後、銀行に10年間勤務。’84年「海色の午後」でコバルト・ノベル大賞を受賞。以来、「普通」の毎日を大切に生きる女性たちへのエールに満ちたエッセイや恋愛小説で、多くの読者の共感を得ている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。