• ポイントキャンペーン

新潮文庫
マネーロンダリング―国境を越えた闇金融ヤクザ資金

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101301914
  • NDC分類 338.1

内容説明

高利を貧るヤミ金融の巨大ネットワーク―それを背後から操っていたのは指定暴力団山口組系組織だった。捜査陣は苦難の末に犯行手口を解明、事件を摘発するが、莫大な収益は香港、スイスへとすでに消え去っていた。刑事、検事たちは、国境を越えるブラックマネーの正体をいかにして暴いたか。警視庁担当記者が、「五菱会ヤミ金融事件」の舞台裏を克明に追ったクライムノンフィクション。

目次

プロローグ
第1章 山口組の資金源
第2章 プライベートバンクの闇
第3章 カネの運び屋
第4章 ヤミ金融の帝王
第5章 海外捜査の壁
第6章 暴かれた手口
第7章 消えたカネの行方
第8章 意外な判決
エピローグ
海外へ消えるブラックマネーの現在(文庫版書き下ろし)

著者紹介

平尾武史[ヒラオタケシ]
1965(昭和40)年、大阪生れ。慶應義塾大学経済学部卒。’89(平成元)年に読売新聞社へ入社し、千葉支局を経て、社会部に配属。警視庁、国税庁、警察庁などを担当し、外務省の機密費流用事件、ODAリベート疑惑など、数々の経済事件、汚職事件の取材を手がける。警視庁記者クラブキャップを経て、現在同社広報部次長を務める

村井正美[ムライマサミ]
1969(昭和44)年、東京生れ。筑波大学大学院理工学研究科卒。’94(平成6)年に読売新聞社へ入社し、金沢総局を経て、社会部に配属。警視庁、文部科学省などを担当し、マルチ商法などの生活経済事件や少年事件、教育問題の取材で活躍。現在、警視庁記者クラブサブキャップを務める。共著に、ファルマシア・アップジョン医学記事賞特別賞を受賞した連載企画記事をまとめた『生と死の現在』がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)