• ポイントキャンペーン

新潮文庫
W杯(ワールドカップ)に群がる男たち―巨大サッカービジネスの闇

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101299815
  • NDC分類 783.47

内容説明

2002年、日韓共同でアジア初のサッカーW杯が開催された。世界中から数多の人たちが押しかけ、大成功を収めた祭典の裏には、招致に賭ける男たちの熾烈な争いがあった―。協会内の権力闘争、放映権ビジネス、スポンサー契約。FIFA、UEFA、電通、コカ・コーラ、アディダスなど、各国企業が繰り広げたマネー戦争の真相を描く、傑作ノンフィクション。

目次

プロローグ
第1章 W杯ビジネスの夜明け
第2章 電通の参戦とアディダスの盛衰
第3章 日韓W杯招致合戦の舞台裏
第4章 反アベランジェ勢力の台頭
第5章 共催決定に潜む真実
第6章 膨張するサッカービジネス
エピローグ

著者紹介

田崎健太[タザキケンタ]
1968(昭和43)年京都市生れ。ノンフィクション作家。早稲田大学法学部卒業後、出版社に勤務。週刊誌編集者を経て、フリーに。サッカー、ハンドボールなど、スポーツを中心に人物ノンフィクションを手掛け、雑誌、テレビ、ラジオで幅広く活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)