• ポイントキャンペーン

新潮文庫
響きあう脳と身体

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101299549
  • NDC分類 914.6

内容説明

現代科学の問題点はどこにあるのか。冒頭から「現代科学・科学者批判」を展開する古武術家・甲野善紀氏。それを柔らかに受け、共感を示しつつも、時に反論を加えてゆく脳科学者・茂木健一郎氏。脳と身体の無限の可能性を考え抜き、限界を見極め、さらにはその壁を超えるべく飽くなき努力を積み重ねてきた両氏による真剣勝負。現代社会の問題点を抉り出す知の交響楽、スリリングな対話。

目次

第1章 身体の同時並列性と科学(時系列の科学と、同時並列の身体;信仰化する科学 ほか)
第2章 欲望の力(「知」が人を足止めする;火事場のばか器用 ほか)
第3章 身体を通した教育(感化力が教育の鍵;個人としての有能さよりも、コラボレーションできる力を ほか)
第4章 同時並列的知性にむけて(限定が知を生み出す;運命の定不定と、脳の偶有性 ほか)

著者紹介

甲野善紀[コウノヨシノリ]
1949(昭和24)年、東京生れ。武術研究者。’78年、武術研究に専念するため、松聲館道場を建て、他流儀や異分野と交流し、古伝書を解読して独自の剣術、抜刀術、体術等を模索しながら古人の動きを探究している

茂木健一郎[モギケンイチロウ]
1962(昭和37)年、東京生れ。脳科学者/理学博士。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部卒業後、同大大学院物理学専攻課程を修了。理化学研究所、英ケンブリッジ大学を経て現職。主な著書に『脳と仮想』(小林秀雄賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)