新潮文庫<br> 博多学

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
博多学

  • 岩中 祥史【著】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 新潮社(2003/09発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月12日 23時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 378p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101260228
  • NDC分類 291.91
  • Cコード C0130

内容説明

「転勤したい街」全国第一位の都市―博多。独特の屋台文化、明太子だけではない美味しい郷土料理の数々、福岡ダイエーホークスにみる商売成功のツボ、祇園山笠に代表される色濃い街意識、“博多”と“福岡”の違い、アジア各国との意外な関係など…歴史が古く、個性豊かな大都市・博多と、“おおまん”な博多っ子の魅力を徹底解剖!地元人は勿論、旅行者、出張・転勤族必携の一冊。

目次

序章 いざなう博多―博多の魅力
1章 なるほど博多―博多の歴史
2章 おいしい博多―博多のグルメ
3章 いきいき博多―博多の人びと
4章 はじける博多―博多の祭り
5章 ふくらむ博多―博多の未来

著者等紹介

岩中祥史[イワナカヨシフミ]
1950(昭和25)年生れ。名古屋の明和高校から東京大学文学部に入学。卒業後、出版社に勤務。現在、編集企画会社(株)エディットハウス代表取締役。「大ナゴヤ人元気会」事務局長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mijas

18
博多に遊びに行った時、たまたま見つけた本。博多と福岡の違いがよくわからなかった私には、その違いについて書かれていた箇所に興味を持った。歴史的な話、精神的風土の話が多く、知的好奇心が満たされ、ガイドブックより楽しめた。東京と福岡の「国際感覚」を比較しているところも面白かった。著者によると、福岡は「外国」なのだという。東京には無い、2千年の歴史があるからだそうだ。博多の魅力ばかり書かれているからなのか、読後はすっかり博多好きになった。博多は遠いけれど、リピーターになりそうだ。2015/03/24

ドナルド@灯れ松明の火

15
面白そうなので読んでみたが、作者の博多愛が詰まった本だった。博多人というか福岡の県民性を、博多のお祭り等を考察している。後半は福岡県の観光コンサルみたいになっていたが・・・ 福岡・博多好きにはお薦め2020/03/10

山田太郎

15
あんまり褒められると、住んでるほうとすると、気持ち悪い。食べ物がおいしいのは、自慢のひとつではあります。2011/09/07

ひかり

6
15年ほど前の本。まあ、やたらと博多(福岡)を国際都市だなんだと持ち上げすぎと思うけど、確かにアジア系の外国人は、当時から多かった。親戚のおじさん達は、確かに酒好きで見栄っ張りで、叔母さん達は、しっかりしてる。2018/01/14

虎ボルタ

5
博多滞在中に何とか読みきりました。名古屋出身の著者が、何かと名古屋と比較しながら書いているので、名古屋近郊に住む身としては、分かりやすかった。おおらかな街だ。2014/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/109

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。