新潮文庫<br> 想い出あずかります

個数:

新潮文庫
想い出あずかります

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年05月25日 18時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 311p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101256818
  • NDC分類 913.6

内容説明

子供たちしか知らない秘密。岬の崖の下に石造りの家があって、魔法使いが「おもいで質屋」を営んでいた想い出を担保にお金を貸してくれるという。でも二十歳までに取り戻さないと想い出は返ってこない。中学生の里華は、魔法使いと出会ってすっかり仲良しになり、共に青春の季節を駆け抜けてゆく。やがて二十歳を迎えた時…。きらきらと胸を打つ、あの頃が蘇る魔法のストーリー。

著者紹介

吉野万理子[ヨシノマリコ]
1970(昭和45)年、神奈川県生れ。新聞社、出版社勤務などを経て、2002(平成14)年「葬式新聞」で「日本テレビシナリオ登龍門2002」優秀賞を受賞し、’04年には連続テレビドラマ「仔犬のワルツ」(日本テレビ系)の脚本を執筆。’05年『秋の大三角』で第1回新潮エンターテインメント新人賞(現大賞)を受賞。児童向けの作品も精力的に執筆している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

毎日が特別だったあの頃の想い出も、人は忘れられるものなの?ねぇ、「おもいで質屋」の魔法使いさん。きらきらと胸を打つ長編小説。

子供たちしか知らない秘密。岬の崖の下には石造りの家があって、それは魔法使いの「おもいで質屋」だった。想い出を担保にお金を貸してくれるという。でも二十歳までに取り戻さないと想い出は返ってこない。中学生になって魔法使いと出会った里華は、すっかり仲良しになり、共に青春の季節を駆け抜けてゆく。やがて二十歳を迎えた時……。きらきらと胸を打つ、あの頃が蘇る魔法のストーリー。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件