新潮文庫<br> 新版 東京漂流 (新版)

新潮文庫
新版 東京漂流 (新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 382p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784101220116
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

リカちゃんファミリーみたいに清潔で実在感の薄い平成ニッポン民族。連続幼女殺人事件は本書旧版が予言、警告したことの正確な帰結だった。「FOCUS」創刊号から連載を開始、金属バット殺人その他、事件の本質に鋭く迫った写真と文章で毎回衝撃を与え、企業広告の扱いをめぐっては遂に休載を余儀なくされた問題の記事を中心に書下ろす、現代ノンフィクションの金字塔。新稿2編を増補。

目次

1 リカちゃん納経
2 豚は夜運べ
3 2つの十戒
4 旅の氷点
5 小さな黒魔術
6 善行潮流
7 青天白日
8 飢渇前線
9 熱狂
10 長い喜劇
11 アップルパイ家族の家訓
12 東京漂流
13 FOCUS
14 ニンゲンは犬に食われるほど自由だ
15 『東京漂流』ザ・デイ・アフター

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

rakim

13
その年代の事象・事件から受け取る警鐘。若い時期に初めて読んだ「東京漂流」はノンフィクションだけに写真のインパクトも強く、享楽的な時代を迎えようとする日本の社会に投げかけられた一石のようでした。文庫化されているのは知っていていつかまた読んでみようと思っていたのをやっと再読。(文庫は後の加筆部分多いです)。現在の若い方には知らない事件ばかりのようですが、人間社会は少しも変わらない。ただ、再読してみると物言わぬ写真の方がいかに饒舌だったかわかります。2016/10/20

金平糖

4
B。2018/02/11

なまはげ

3
元々は1980年年代初頭出された本で30年以上前に書かれている。しかしその内容は現在の日本を見透かしているようだ「憲法」「反核」「善行」など藤原氏の視点が凄いのかこの国が相も変わらず成長しないのか?自分は後者だと思う。現在の若者はこれを読み何を感ずるのか?興味が有ります。何度も読み返す一冊です。2015/10/23

SU

3
豚を夜に移送する話とインドの人の屍を食べる犬の写真はインパクト有りました。2014/08/15

奥村

3
自分が生まれる前の出来事や初めて知る事件が書かれてあったので、非常に興味深かった。60〜80年代の変化。文化では無く、ブンカ。藤原さん独特の視点で書かれる東京は綺麗でお洒落な誰もが憧れる都会では無い。最後の黒い野良犬の写真が酷く虚しかった。人間は犬に食われるほど自由だと、そして自らを犬だと言い切れる感性が羨ましいと思う。2013/10/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11714

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。