新潮文庫<br> 雄気堂々〈下〉 (改版)

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
雄気堂々〈下〉 (改版)

  • 城山 三郎【著】
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 新潮社(2003/08発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに37冊在庫がございます。(2022年08月11日 06時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 461p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101133041
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

フランスから帰国した栄一は、明治新政府の招きで大蔵省に入り、国づくりの熱っぽい雰囲気の中で活躍するが、やがて藩閥の対立から野に下り、かねてからの夢であった合体組織(株式会社)を日本に根づかせるべく歩みはじめる…。一農夫の出身であり、いずれの藩閥にも属さなかったにもかかわらず、いかにして維新の元勲と肩をならべる最高指導者となっていったかをたどる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

三代目 びあだいまおう

291
私的、ものすごく好きな歴史小説でした!誰もが血沸き肉騒ぐ明治維新、農民の出で薩長土肥いずれの藩閥にも属さなかったのに、近代日本の礎を築き今のこの国の経済の基盤を創った偉人、渋沢栄一の生き方!伊藤、大隈、大久保、井上、明治維新後の、今に連なる国家創成を担った者達の息吹き、信念、行動理念が伝わってくる!「剣」で日本を変えた維新志士、「論語と算盤」で世界に冠たる日本の経済を創った栄一!凄く貴重な小説です!全ビジネス幹部必読の名著!大変読みやすく、社会生活で大切にすべき『何か』に気付かされる素晴らしい作品‼️🙇2020/06/26

サンダーバード@怪しいグルメ探検隊・隊鳥

97
前半部分は自分が何をすべきか模索していた感があったが、明治維新後は日本の産業、実業の育成と言う大きなテーマに邁進する渋沢。合本(株式会社)と言う考え方にこだわり、独裁ではない新しい姿を描こうとする。それにしても、彼が懸命になって日本の産業を興そうとして奮戦していたのはまだ30代!時の政府の中心人物達も同世代が多い。本当に若い国であったのだなあ。★★★+2021/04/14

まつうら

52
(上巻のつづき)ヨーロッパから帰国した後は、大隈重信に請われ、新政府の高官となるが、大久保利通とのいざこざで辞去してしまう。たしか、江上剛の「クロカネの道をゆく」にも大久保利通が出てきて、政府内でだれかといざこざを起こしているくだりがあった。大久保利通のことは良く知らないが、どうしてこんなに敵が多いのかと思うと、ちょっと興味がわいてきた。 それと、政府を辞去したあとの渋沢栄一は、多くの事業にかかわっていくが、それらのエピソードをもっと詳しく知りたいと思った。

みこ

48
渋沢栄一列伝明治編。明治に入っても渋沢は己の信念を貫き通す。その信念とは自分の利益よりも公の利益を優先すること。だから決してぶれることはないし、身に覚えのないデマを流されてもついて来る人はついて来る。千代の死で話が終わるので大河ドラマの爽快な終わり方に比べればややしんみりとした幕引きだがこれはこれで余韻があって良いかも。喜作の永遠のガキ大将っぷりがどことなく心地良い。2021/12/29

Tamayuri

46
様々なエピソードが盛り込まれていて渋沢栄一について勉強になったが、晩年が描かれていなかったのが、ちょっと残念。2022/05/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/552242

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。