新潮文庫<br> 海と毒薬 (改版)

個数:
電子版価格
¥407
  • 電書あり

新潮文庫
海と毒薬 (改版)

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2024年06月23日 13時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 208p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101123028
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

アメリカと闘った戦争が、医学も、日本人のこころも汚してしまった。

戦争末期の恐るべき出来事――九州の大学付属病院における米軍捕虜の生体解剖事件を小説化、著者の念頭から絶えて離れることのない問い「日本人とはいかなる人間か」を追究する。解剖に参加した者は単なる異常者だったのか? どんな倫理的真空がこのような残虐行為に駆りたてたのか? 神なき日本人の“罪の意識”の不在の無気味さを描き、今なお背筋を凍らせる問題作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

926
これまでに読んだ遠藤周作の小説との決定的な違いは、神と人間の問題が正面きって問われないことだ。篇中ではヒルダが「神さまがこわくないのですか。あなたは神さまの罰を信じないのですか」というたった1箇所に見られるだけだ。すなわち、あえて神なき世界での人間を描いたのがこの作品である。「神なき世界で人間は裁かれることはないのか」との問いの前にさらされた時、登場人物たちはそれぞれの思念を持ち、それぞれに身を処していくのだが、そこには行きつく先がないのである。読後に、読者もまた空虚感に捉われるのはその故にほかならない。2015/02/20

554
どんよりする話でした。登場人物の中で勝呂さんの人間的な感情がある部分が、唯一の救いのように思えるぐらいでした。いずれは死んでしまうのだからと患者の体を使い人体実験の手術をする。何も知らない患者がかわいそうとか酷いとかだけの、簡単なストーリーではなかったです。2014/10/27

遥かなる想い

494
アメリカ人捕虜の人体実験という事件を題材に 医学に携わる人々の倫理・モラルを描いた作品。どうして手術参加を断れなかったのか、そして犯してしまった罪の意識…テーマは暗く不気味だが、遠藤周作の筆力が読みやすい本に変えてくれている。

青乃108号

448
最初に登場した名も無い男、彼が気胸をうって貰う医師の勝呂。この男こそ先の大戦中、捕虜の生体を使って人体実験をした人物だというのだがー。そして時代は戦時中、勝呂、同僚の戸田、看護師の上田のそれぞれの過去を描きながら、クライマックスで彼等が集められ、これからまさに行われんとす人体実験の舞台を冷たく突き放した視点で描く遠藤。勝呂は手出しをせず傍観に徹するが、激しく良心の呵責にさいなまれる。戦争と結核で人が簡単に死んでしまう時代があったという事実。結核はともかく、戦争は、近い将来現実のものとなるかも知れないのだ。2022/08/21

33 kouch

400
罰は恐れながら罪を恐れない日本人の習性はどこに由来しているか。異常な状況における異常な行動を生体解剖を題材にして取り上げている。勝呂以外の実行者達が意外にも冷静なのが怖い。裁かれることは嫌がるが、「…仕方がない、皆あの状況ならそうするよ」という開き直りが心を支えている。そこには人命に役に立つことをした誇りさえ感じる。人類のために人を殺める矛盾。「夜と霧」の異常性にも通ずる人間の恐ろしさを感じる。自分がその場にいたらどうしたのだろうか。勝呂のように立ちすくむ勇気はあったのだろうか…2023/09/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563501
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。