新潮文庫<br> アメリカひじき・火垂るの墓 (改版)

個数:
電子版価格 ¥484
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
アメリカひじき・火垂るの墓 (改版)

  • 野坂 昭如【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 新潮社(2003/07発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに118冊在庫がございます。(2022年08月11日 10時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101112039
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

中年男の意識の底によどむ進駐軍コンプレックスをえぐる「アメリカひじき」など、著者の“焼跡闇市派”作家としての原点を示す6編。

内容説明

昭和20年9月21日、神戸・三宮駅構内で浮浪児の清太が死んだ。虱だらけの腹巻きの中にあったドロップの缶。その缶を駅員が暗がりに投げると、栄養失調で死んだ四歳の妹、節子の白い骨がころげ、蛍があわただしくとびかった―浮浪児兄妹の餓死までを独自の文体で印象深く描いた『火垂るの墓』、そして『アメリカひじき』の直木賞受賞の二作をはじめ、著者の作家的原点を示す6編。

著者等紹介

野坂昭如[ノサカアキユキ]
1930(昭和5)年、神奈川県鎌倉生れ。早大中退。様々な職を経て、コラムニストとして活躍。’63年の処女小説『エロ事師たち』で、性的主題を辛辣かつユーモラスに追求、俄然注目される。’67年には、占領下の世相に取材した「アメリカひじき」、戦争・空襲・焼跡の体験を描いた「火垂るの墓」を発表。翌年、この両作で直木賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

476
野坂昭如の比較的初期の短篇を6篇収録。巻頭の2作「火垂るの墓」と「アメリカひじき」は第58回(1968年上半期)の直木賞を受賞。この2作は、書かれた時期こそ近いのだろうが、文体も主題もともに大きく異にしている。「アメリカひじき」は、戦後22年を経てなお進駐軍のアメリカ人に対するコンプレックスが作品を形成しているが、一方の「火垂るの墓」は、大戦末期の神戸空襲から戦後まもなくの三宮を舞台に展開する。妹、節子の語りがなんとも哀切である。そして、それを導いてゆく野坂独特の切れ目のない饒舌体が極めて効果的である。 2021/02/17

yoshida

207
大東亜戦争の末期から敗戦後の日本を生きる人々を描く短編6編。夏に読むつもりが読み終えてしまった。まずは標題作の「火垂るの墓」。映画では戦争の被害が両親を喪った兄妹に襲いかかり、観る度にやるせなくなります。原作では無駄なくコンパクトに纏り、映画の情景が浮かんできます。「アメリカひじき」でのかつての進駐軍だった男を必死に接待する俊夫の悲しさ。二人の関係が敗戦後も続く日米関係を象徴するようでやるせない。「焼土層」の家族の離散。最後に一緒になる両親に悲しくなる。戦後は確かにあり、忘れてはならないと改めて思った。2017/06/12

kaizen@名古屋de朝活読書会

163
【直木賞】NHK TV Jブンガクの2009年6月に紹介がありました。 火垂るの墓ではなく、アメリカひじきの紹介でした。 「一時しのぎ」 は、 Anything is better than nothing. とのこと。 「アメリカひじき」は、アメリカの紅茶とのこと。2009/07/01

ケイ

147
再読。初読の時は子供を見殺しにするのか…と衝撃的だった。しかし、死は救いであるのかもしれないと今回は少しホッとする。ドロップの蓋から流れ出した妹の魂と一緒に彼も昇天したのかとも思える。戦争の時の話をきれいに書こうとしても仕方ない。現実はこうであったのだと知らしめる。アメリカひじきでは、終戦時に子供だった彼らはアメリカに対する激しい憧れと劣等感を持っていたのだと改めて思った。2016/07/10

扉のこちら側

111
2016年548冊め。再読。表題作の「火垂るの墓」はもちろんなのだが、毎回「死児を育てる」でもつらくなる。戦後、裕福な暮らしを手に入れても、戦禍の中で見殺しにした妹の影から逃れられずに実子殺しに及んでしまう女の話。「もはや戦後ではない」ですらない現代にも逃れられないものがあると思わされる。2016/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/514069

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。