• ポイントキャンペーン

新潮文庫
続・礼儀作法入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 238p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101111315
  • NDC分類 385.9
  • Cコード C0195

内容説明

「アガリ」「オアイソ」の符牒を客が口にするのは聞き苦しい。「一点豪華主義」のオシャレは哀れだ。レインコートで訪問する刑事コロンボは無作法である。会社に就職したら三年間は勤めること…。酒の飲み方、接待・宴会の心得から祝儀・不祝儀の包み方まで。頑固で偏屈だけど、心やさしい人生の達人・山口瞳が軽妙なタッチで説く大人のエチケット。大好評『礼儀作法入門』の応用編。

目次

名刺の使い方
握手のしかた
立身出世
出処進退
無芸大食
原稿を書く
接待の心得
時はカネなり
観客のエチケット
勝負の作法〔ほか〕

著者紹介

山口瞳[ヤマグチヒトミ]
1926(大正15)年、東京生れ。鎌倉アカデミアに入学。出版社勤務を経て、’58(昭和33)年寿屋(現サントリー)宣伝部に入り、「洋酒天国」の編集者・コピーライターとして活躍する。’62年『江分利満氏の優雅な生活』で直木賞受賞。’79年には『血族』で菊池寛賞を受賞する。’63年「週刊新潮」で始まった「男性自身」は、31年間1614回に及ぶ。シリーズ最終巻は『江分利満氏の優雅なサヨナラ』。’95(平成7)年8月永眠