新潮文庫 初期ミステリ傑作集<br> なぜ「星図」が開いていたか―初期ミステリ傑作集

個数:
電子版価格
¥781
  • 電書あり

新潮文庫 初期ミステリ傑作集
なぜ「星図」が開いていたか―初期ミステリ傑作集

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2024年06月23日 10時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 400p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101109770
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ミステリには「清張以前」と「清張以後」がある――。巨匠の凄みを凝縮した初期の傑作8編。心臓麻痺で突然死した教員の机に開かれた百科事典には「星図」の項が。その意味を探る表題作のほか、清張ミステリの出発点「張込み」、新人俳優に舞い込んだ映画出演の?末を描く「顔」、九州某県の市長急死の謎を追う「市長死す」など、誰もが持ちうる後ろ暗さや焦りを克明に描く本格推理短編集!

内容説明

ミステリには「清張以前」と「清張以後」がある―。巨匠の凄みを凝縮した初期の傑作8編。心臓麻痺で突然死した教員の机に開かれた百科事典には「星図」の項が。その意味を探る表題作のほか、清張ミステリの出発点「張込み」、新人俳優に舞い込んだ映画出演の顛末を描く「顔」、九州某県の市長急死の謎を追う「市長死す」など、誰もが持ちうる後ろ暗さや焦りを克明に描く本格推理短編集!

著者等紹介

松本清張[マツモトセイチョウ]
1909‐1992。福岡県小倉市(現・北九州市小倉北区)生れ。給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。’58年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生む。生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あすなろ

103
清張氏の初期短編集で、清張没後30年企画として新潮社が編んだ最新刊。僕は学生時代のある時期、貪る様に清張作品を読んだ時期があった。それ以来久しぶりに読んだのだが、やはり清張作品は別物である事を実感。人という業である故の人生の奈落からの凄みを感じさせてくれる桁が明確に違う。それを堪能出来て実感出来る一冊。学生時代から僕はいつも思うのであるが、もし現代に清張氏が生きていらしたら現代ツールを活かしてどういう作品が産まれるのか。そんな事を夢見る凄みを味わえる作家はそうそういないのである。2022/10/23

63
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2022/11/post-504b38.html ほぼ全てが、既読でした。あらためて清張は面白いと思います。2022/11/18

ナキウサギ

33
 その頃の昭和の情景が色濃く見えて、解決の糸口ひとつひとつが心地よくどれも納得の出来る短編集でした。人々の暮らしや今とは違う価値観がなつかしくもあり、次の作品にも同様の期待して本を閉じた2024/02/01

そうたそ

18
★★★☆☆ 松本清張は長編も面白いが、短編はまた長編とは違った面白さがある。短いながらキレがあり、ミステリ作家松本清張を堪能できる逸品揃い。本書は傑作集とのことだが、文庫初収録は三作のみで、他は新潮文庫の既刊に収録済み。表題作は、本書で一番拍子抜けしてしまった程の、傑作とは言い難い代物だが、一方「顔」「反射」「共犯者」あたりはさすがの出来。社会派ながら本格である、という松本清張のミステリはまさにこういうことなのだと改めて実感できる作品たちだった。2022/09/01

有理数

17
松本清張の初期ミステリ傑作集で、その名に違わぬ短編が勢揃いの一冊。かなり面白い。本格推理の切れ味鋭い逸品もあれば、殺人を犯した側のスリリングな立ち居振る舞いを描いたものなど、本当にキャリア初期なのか、と思うほどにミステリの書きぶりが自在。まず、物語とアイデア、設定やシチュエーションが非常に面白いので、事件の真相だけでなく、純粋に物語の行方が気になり、読み進める手が止まらなかった。どれも面白いが、お気に入りは表題作、「市長死す」「共犯者」など。2023/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19979070
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。