新潮文庫<br> 山椒大夫・高瀬舟 (改版)

個数:
電子版価格
¥539
  • 電書あり

新潮文庫
山椒大夫・高瀬舟 (改版)

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2024年07月18日 10時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 376p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101020051
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

人買いのために引離された母と姉弟の受難を通して、犠牲の意味を問う『山椒大夫』、弟殺しの罪で島流しにされてゆく男とそれを護送する同心との会話から安楽死の問題をみつめた『高瀬舟』。滞欧生活で学んだことを振返りつつ、思想的な立場を静かに語って鴎外の世界観、人生観をうかがうのに不可欠な『妄想』、ほかに『興津弥五右衛門の遺書』『最後の一句』など全十二編を収録する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

532
(感想は「高瀬舟」のみ)短い作品だが実によく彫琢されている。その抑制された文体はまさに鷗外のもの。登場人物は同心の庄兵衛と罪人の喜助のみ。この短い1篇の中に彼ら2人の半生が語られる。寛政期にあって、オオトリテの末端に位置する庄兵衛と全てを失いつつわずか200文で充足を語る喜助。「知足」を語ったかに見える本編だが、ことはさほどに単純ではない。何故なら、事件は喜助が語るだけであり、真相はとうとう語られることがないからである。喜助の語る通りであったかも知れず、また巧みに語られた弟殺しであった可能性も捨てられ⇒2019/09/17

243
中学時代ぶりに読了。きっかけはエレカシ宮本氏が曲にするほど鴎外を敬愛しているから。全作品読みましたが私にはまだ難しくピンとこない作品もあり力不足を実感してしまいました。大人になって読むと当時の時代背景から今では考えられないような一生を終える人たちがいた事に何とも言えない気持ちになりました。山椒大夫は悲しい中に最後少し希望が見えるのだけれども終わり方も巧でいつまでも引きずってしまう余韻があります。また子供側の壮絶な生活は描かれてますが母親側の生活は描写がなく逆に残酷な過去を汲取れる描き方も上手い。2017/07/22

ehirano1

189
標題作の「山椒太夫」について。「さんせい太夫」のリメイクと言われているらしい本作。オリジナルの方はエグイ復讐劇であるように思いますが、本作は打って変わって復讐はなし・・・。これではリメイクというかもはやオマージュのように感じますが、そのように至った著者の心情は如何に。2024/05/26

zero1

187
覚悟さえあれば殺人も解決方法になるのか?死を許しとして認めるべきか。ALS(筋萎縮性側索硬化症)での安楽死事件で思い出す作品の一つ。弟を殺した罪人の顔は、どこかスッキリしていた。やがてその男は事情を話し始める。文章は格調高く無駄がない。山本周五郎につながる?文豪と同時に医師でもあった鴎外だからこそこの作品には重さと説得力がある。中学の国語教科書にも採用されているが、今の中学生は命と安楽死について、どう考えるのだろう。また100年後の日本人はこの作品をどう解釈するのか。山椒大夫については別の機会に述べたい。2020/08/21

ケイ

148
既読の有名な作品だけ先に再読、初見の散文のような短編四つは後で読んだ。有名作品の良さには改めて感動するとともに、鴎外の人間に対する洞察力や情感、美しいものの感じ取り方と、人間の本質を見る哲学者のような視線との二つの性質を感じ、その感じについて「妄想」を読んで納得した。彼は、情に厚く、弱き者にも優しく、真の美しさを読みとる目を持っているが、情に流されない強さを、言い換えれば薄情にも感じられる距離感をもって物事を見られるのだと思った。そして文章がとてつもなくうまい。折に触れて再読したい短編集だ。2015/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/565234
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。