新潮文庫<br> お伽草紙 (改版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
お伽草紙 (改版)

  • 太宰治
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 新潮社(2009/03発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 12pt
  • 提携先に29冊在庫がございます。(2021年09月23日 18時49分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 410p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101006079
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ムカシ ムカシノオ話ヨ。瘤取りじいさん、浦島太郎、カチカチ山。太宰があの名作を徹底解剖、大人を唸らす残酷民話集。

困難な戦争期にあって、深く芸術世界に沈潜することで時代への抵抗の姿勢を堅持し、日本文学の伝統を支えぬいた太宰中期の作品から、古典や民話に取材したものを収める。“カチカチ山”など誰もが知っている昔話のユーモラスな口調を生かしながら、人間宿命の深淵をかいま見させた「お伽草紙」、西鶴に題材を借り、現世に生きる人間の裸の姿を鋭くとらえた「新釈諸国噺」ほか3編。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ちなぽむ@ゆるりと復活

170
教科書で読んだりしたことを除くと初めましての太宰さん。『人間失格』のタイトルのインパクトが強すぎてなんとなく暗い作風のイメージだったけど、なんともあったかい風刺に満ちた作品たち。 清貧譚とお伽草子のカチカチ山が好き。新訳諸国噺は武士道的考えに感情移入しづらいお話もちらほらあったけど、民俗学的に楽しく読めた。お伽草子はこんな切り口のものとは知らなかったので衝撃!もっと他の作品も読みたい。 幼い頃からカチカチ山の狸が可哀想と思ってたけど、兎と一緒に生理的に受け付けないわーって思っちゃった。女って残酷…。2019/02/09

優希

138
オリジナルではなく、オマージュというのが異色かと思います。西鶴や日本昔話を解剖し、脚色した物語が面白い。明るく小気味良いテンポで読みやすいです。それでいながら卑屈さなどが見え隠れするのは太宰らしいところでした。笑える作品且つブラックな色も見えて楽しい作品でした。2016/02/18

ゴンゾウ

134
中国や日本にある古典や民話、はたまた江戸時代の人気作家西鶴を題材に太宰治ならではの解釈で新たに作られた物語の作品集。不自由な戦争下の中でその時代に生きる人間の人生観や芸術観などをユーモラスにかつ皮肉を交えながら表現している。とにかく心理描写が面白い!!つくづく太宰治は天才だったと思ってしまう。個人的には「清貧譚」が好きです。菊づくり(芸術)は誰のためにするのか?生きるために作品を書き続けなければならなかった彼の葛藤がよく表れている。2015/04/30

ペグ

99
太宰治は青空文庫にて「走ラヌ 名馬」を読み衝撃を受け、その後この文庫で短編を読了。そして文春文庫「人間失格」(この中では「人間失格」と「駈込み訴え」が好きでした) そして。この「御伽草子」!なんとも素晴らしい〜まるで水を得た魚のよう。美しく流れるような文章。楽しくて哀しくて楽しそうです。太宰治初心者故、まだまだ彼の魅力に片足を突っ込んだくらいのことかもしれませんが。ちょっと心が沈んだ時にも読みたい。いつもそばに置いておきたい一冊です📖2020/12/18

酔拳

92
 太宰の安定期の作品です★ とげとげした作品とは違い、安心して読める感じです★ 古典から題材をとり、太宰的に解釈を加えているところが、実におもしろく読めます。昔話も太宰が書くとこうなるのかと、感心しました。 特に、竹青が心に残りました★2016/05/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/566628

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。