新潮文庫<br> 人間失格 (改版)

個数:
電子版価格 ¥308
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
人間失格 (改版)

  • 太宰治
  • 価格 ¥308(本体¥280)
  • 新潮社(2006/01発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに556冊在庫がございます。(2021年11月27日 23時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 185p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101006055
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

この主人公は自分だ、と思う人とそうでない人に、日本人は二分される。

「恥の多い生涯を送って来ました」。そんな身もふたもない告白から男の手記は始まる。男は自分を偽り、ひとを欺き、取り返しようのない過ちを犯し、「失格」の判定を自らにくだす。でも、男が不在になると、彼を懐かしんで、ある女性は語るのだ。「とても素直で、よく気がきいて(中略)神様みたいないい子でした」と。ひとがひととして、ひとと生きる意味を問う、太宰治、捨て身の問題作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 5件/全5件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

1068
高校生の時に初めて読んで以来、何度目かの再読。第1の手記冒頭の跨線橋のエピソードや「罪のアント」など、物語のほとんどが記憶のうちにあるのだが、それでも再読に耐える小説だ。ただ、これを読むと荒涼とした、あるいは一種陰惨な気分に襲われることになるのだが。第3の手記の最後「ただ、一さいは過ぎて行きます」は、生に対する諦念と言いようのない寂寥感に満ちた表現だ。これに続く「あとがき」は評価が分かれそうだ。そこに、わずかな救いを見出すこともできるし、いっそ無い方がいいとする見方とに。私は、果てしない寂寥感の方をとる。2012/11/26

926
主人公の考え方が何となく今風で、引き込まれました。たった150ページで学生時代から27歳までを書いてしまうなんて凄い。自分を見せないために道化になって振る舞い(でも思わぬ人にバレるw)、自分の意思というわけでもないのに左翼活動を行ったり、面白いとは違うのだが何か笑えます。この主人公=太宰治本人のことなんでしょうか?2014/12/28

zero1

671
人間失格かどうか判断するのは誰?人生は恥ばかり?人は誰もが演じている?読者にとって鏡になる普遍的な作品を再読。葉蔵は他人が何を感じているか理解できない子だった。そのため道化を演じるが、中学の時、竹一に見破られてしまう。その後、高校進学で上京するが酒と女に溺れ心中騒動の末、退学となる。漫画家として収入を得るが…太宰自身が心中したこともあり、一部のファンからは神格化されている。その一方で全否定する文学者も。葉蔵は単なる小心者?葉蔵と太宰はどうすればよかったのか?誰もが内側に葉蔵を隠しているとは言えないか?2019/05/01

さくりや

412
再読。メンタルブレイクすると読んでいる気がする。葉蔵の破滅的な生き方には共感も同情もできないが、人の顔色を気にして道化になる、というのは誰もが自然とやっていることではなかろうか。その猟奇性に気づく人がいないだけで。おそらく太宰以外が書いたら「1文が長い」と怒られそうな、不思議な共鳴を生む文章が魅力的。「背後の高い窓から夕焼けの空が見え、鷗が、「女」という字みたいな形で飛んでいました。」しかしまあ凄いとしか言いようがないなおい。2018/07/06

吉野ヶ里

385
何度目かわからないくらいの再読。太宰は我慢出来ないくらい恥ずかしくなる時期と、感心しながら読める時期があるな。堀木もヒラメも悪い奴ではないんだろうなあ、と今回は思った。対義語遊び楽しそう。てか、なんやかんや葉蔵の人生って楽しそうだよな。2016/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576878

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。