新潮文庫<br> 春琴抄 (改版)

個数:
電子版価格 ¥407
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
春琴抄 (改版)

  • 谷崎潤一郎
  • 価格 ¥407(本体¥370)
  • 新潮社(2012/06発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 6pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月28日 10時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 128p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101005041
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

盲目の三味線師匠春琴に仕える佐助の愛と献身を描いて谷崎文学の頂点をなす作品。幼い頃から春琴に付添い、彼女にとってなくてはならぬ人間になっていた奉公人の佐助は、後年春琴がその美貌を何者かによって傷つけられるや、彼女の面影を脳裡に永遠に保有するため自ら盲目の世界に入る。単なる被虐趣味をつきぬけて、思考と官能が融合した美の陶酔の世界をくりひろげる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

715
独特の擬古文の文体で語られ、それが全編にわたって古雅な趣きを与えている。これを読むと、小説の本質は、プロットにはなく「語り」にこそあることがよくわかる。また、春琴と琴台の弦の響きに加えて、鶯や雲雀がモチーフとして用いられ、音の世界を背景としていることも、雅で繊細な感覚を付与しているだろう。人物像の造形も巧みだ。その究極は佐助にあるだろうが、春琴の表現にも一部の隙もない。谷崎の数ある小説群の中でも、究極のマゾヒズムの悦びと美への讃美を描いた点ではやはり屈指の1篇だろう。小説世界に浸りきれる作品だ。2012/11/23

yoshida

363
没落した豪商、鵙屋家の墓の列に並ぶ、鵙屋琴こと春琴、そして門人の温井佐助の墓。鵙屋家の娘である琴は天性の美貌と舞、音曲、学問の才がある。彼女は幼くして失明。音曲を極め、三味線師匠春琴となる。鵙屋の奉公人の佐助は琴の信を得、幼い頃から身の回りの世話をする。春琴は更に美しく、そして驕慢に成長した。春琴と佐助は子を成すが認めず。両親の薦めもあり二人は居を構える。春琴は弟子をとるが、稽古は過酷で恨みを買う。春琴を事件が襲う。凄絶な師弟愛が佐助にある行動をとらせる。美しい日本語、凄絶な愛情。読み継がれるべき作品。2016/12/11

のっち♬

346
春琴と佐助の間に師弟、男女、主従の関係が共存するという設定からして独特。実験的かつ流麗な文体の中にリアルかつグロテスクな後半の描写が際立つ。心理描写や分量・情報量が少なめだが、行間にまで甘美で濃密な谷崎の世界が凝縮されている。現実に目を瞑り、生きている相手を夢でのみ見るというのは、ロマンチックでいかにも著者らしい。「佐助は此の世に生まれてから後にも先にも此の沈黙の数分間程楽しい時を生きたことがなかった」嗜虐と被虐の錯綜の末、お互い盲目になることで到達した官能と美的恍惚の極致には何人も入り込む余地はない。2019/12/27

ビブリッサ

342
耽溺。春琴と佐助には、この言葉が相応しい。他を締め出し二人だけの世界に溺れる。繰り返される短刀で切り苛むような言葉と行動、言われるが儘に嬲られ涙し小鳩を抱くように女の足先を温める姿、全て二人にしか分からぬ符牒で、お互いの性欲を大いに刺激し、周囲にはおよそ理解されない倒錯の高み(否、愛の沼)に飛翔して(沈んで)いくのだ。恋愛の主導権は常に佐助にあり、彼の態度と言葉が触媒となり春琴の加虐性は花開く。一人の男によって、艶めかしく仄白き肌冷たくも甘い吐息を放つ女神が誕生する。その様に読者はただ溜息をもらせばいい。2017/06/21

Gotoran

219
封建的社会が残る明治時代に美人で盲目の三味線弾き春琴に丁稚の佐助が献身的に仕えた物語。物語体と随筆体を綯交ぜにして簡潔な文章で、屈折した恋愛が格調高く描かれる。句読点や改行が殆どない文章ではあるが、文章の区切りとして数頁毎の空白が、読み辛さを払拭させてくれた。春琴と佐助の愛の在り方、他者を寄せ付けない二人の世界。春琴の執着(サディズム)と佐助の献身(マゾヒズム)。特に、(春琴の美しさを脳裏に留めんが為に)佐助が自ら眼を潰した後のくだりに、大谷崎の耽美主義的官能美の世界を垣間見た。他作品でも・・2013/11/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576137

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。